ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

年末年始のお知らせ

最終診療日は12月28日(土)午前中のみ

お休みが12月29日(日)~1月5日(日)

年明けが1月6日(月)から通常営業とさせていただきます。

よろしくお願いいたします!!


今日の一品は「モースマスク」

寒くなってきて体調が崩れやすくなっていますが

このマスクはPM2.5もウイルスも

【99.9999%】をシャットアウトします!

以下説明文になります。

PM2.5が飛び交う中で…
PM2.5の【小さな粒子】を「防げないマスク」か「防げるモースマスク」の
どちらを使いますか?


インフルエンザが学校や職場でが流行している中で…
ウイルスの【最極小の粒子】を「防げないマスク」か「防げるマスク」の
どちらを使いますか?


PM2.5もウイルスも

【99.9999%】をシャットアウトする!

高性能なモースマスクをご案内します!!



あなたはご存知でしたか??も
通常のマスクでは、PM2.5もウイルスも止められずに、通してしまうことを!


ご存知のとおり、近年では、中国からPM2.5もが飛来して私たちの健康を脅かし、さらに、季節を問わずインフルエンザが流行するようになっています。


特にインフルエンザは、もっとも流行する冬になると、予防接種をしたにも関わらず、1シーズンで型の異なるインフルエンザに2〜3回感染することもよく聞く話です。


そして、幼児・高齢者にはお亡くなりになる方もおられます。
死亡するまで行かなくても、あなたの会社や、お子さんの幼稚園や学校でインフルエンザが流行すると

 ✅多くの従業員が同時に、あるいは順に休んで仕事がとどこおる。
 ✅学校では、学級閉鎖になるだけでなく、教員も不足し授業ができないようになる。
 ✅病院や介護老人施設などでは、抵抗力の落ちている入院患者や入所者が亡くなる。

これらのことは、容易に想像できるし、実際にニュースではよく聞く話です。

ところが!!

そのインフルエンザの予防は、ほとんどは自己管理に委ねられており、会社・学校・施設として対策を採っているところはとても少ないと思います。やっていたとしても有効な方法が取れないのが現実ではないでしょうか?

実際、マスクの着用を勧めていたとしても、そもそも市販のマスクは、極小のウイルスを通してしまい、その効果はあるかないかわからないほどです。


花粉がどれぐらいの大きさなのかをご存知ですか?
PM2.5がどれぐらいの大きさなのかをご存知ですか?
ウイルスがどれぐらいの大きさなのかをご存知ですか?


実は…

花粉がもっとも大きいです。

それよりもPM2.5は比べ物にならないほど小さいです。

さらに!!
そんなPM2.5よりも、
ウイルスの方がはるかに小さいのです。!!



今回ご紹介するモースマスクは、実際にインフルエンザウイルス(H1N1型)を用いた、抗ウイルス性能試験を、学校法人北里研究所メディカルセンター病院北里研究所・北里大学で実施し、その結果、


【99.9999%】の感染力価低下を確認!!


つまり、ほとんどのウイルスをシャットアウトしたわけです。

そしてこれは、当然ながら、ウイルスよりも大きい、PM2.5もシャットアウトできるということです。


このような性能は、アメリカ政府機関FDA(食品医療品局)の認定検査機関であるネルソン研究所でも実証されており、日本・韓国・中国ではすでに【特許】を取得しています!!



このような高性能のモースマスクはすでに下図のように

・内閣府、東京入国管理局などをはじめとする政府機関
・鳥取県などの都道府県・市町村
・日本医師会、日本歯科医師会などの医療団体
・大手家電メーカー、主要テレビキー局など日本を代表する大企業

といったところが導入しております!!




ではなぜ、これほど高性能のモースマスクを作り出すことができたのか??
それは開発者に答えがあります。

このモースマスクの開発者は、アメリカ人のロナルド・モース氏!

彼は、元アメリカの高級官僚で要職を歴任し、しかも大統領特別補佐官をも務めた人物で、アメリカを代表する日本通でもあります。

つまりモースマスクは、そんなアメリカの技術を、日本の(株)エースインターナショナルジャパンが日本の科学技術と合わせて開発し、共同で世に送り出したわけです。

ですからモースマスクは、<Made in JAPAN!>なのです。


そんな、最極小のウイルスを通さない高性能なモースマスクですが、もしかしたらあなたは、
「使ってみたら呼吸がしにくいのではないか?」
と思うかもしれませんね?

ですが、その装着感は、市販のマスクとほとんど違いはありません!!
「いったいどこが違うのだろうか?」と思うほどです。
ですから、どなたにでも安心して使っていただけます。


あなたと、あなたの大切な人たちの「体」と「命」を守るために是非お買い求めください。

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する