ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

命を迎え送ること

皆さんこんにちは。
絵がきや晴加です。🌸

今日お伝えしたい内容は、
驚かせてしまうかもしれないのですが
きっと今の気持ちは、
今しか感じないココロだと思い
文章でも残したいと思いました。

----------------------------
実家の静岡で一緒に暮らしていた
祖母の容態が急変し
今意識不明の状態になり2日目が経ちました。


改めて想う命のこと。



"生きる"ということ。




私が日本文化や着物を好きになったきっかけは、
間違いなく祖母の存在があります。


20代から今年84歳まで着物を
ずっと着ていました。😊


「着物は、柄で季節や風景を味わえるんだよ♪」

「そうなんだ♪
じゃあ、着物は歩く美術館みたいだね♪」

そんな会話を
祖母と随分前にした記憶があります。


祖母からは、
その季節にしかできない帯の柄の説明を
よく教えてくれました。


「今はね、このお花が咲く時期なの。
この帯をつけるから、帯留めはこの色にして💕」



このような会話が日常にあったので、
日本文化の奥深さと美しさと魅力に
私は、どんどん惹かれていきました。







生きること と 旅立つことは
いつも隣り合わせになっていて、
生きている今だからこそ
死をしっかり意識することで
日々がより色鮮やかに輝く。

そう思って今日まで過ごしてきましたが、
今はより命について
向き合うことが増えています。


ずっと着物を着ていた祖母が、
2ヶ月前から体力の関係で
洋服の生活となり、
人生はじめてのショートヘアにし、
過ごしていた中。


3日前の朝、突然
着物を着てリビングへ来た時は
母もその時覚悟をしたと、
教えてくれました。


着物を着た日は、
おじいちゃんの床屋さんのお迎えに
一緒に行き、デートもしています。♡


先週には美容室へ行き
ネイルもしていたそう。♡


「立派!!!」

この一言に尽きます。



今は、おばあちゃんの命へ
エネルギーを送りつつ、
命を送る準備を家族としています。


このような中でも
家族の空気はいつもと変わらず
日常そのまま。


よく笑い笑顔が絶えない会話。


それが私たち家族が贈る
おばあちゃんに対する愛情です。
まるでここに居るように。♡



最後まで、
おばあちゃんのサポート
心を込めて行います。
----------------------------

突然のことで驚かせてしまったら
ごめんなさい。


命のこと皆さんと共に
共有したいと思いました。

私は、いつか必ず
この日々を作品として形とします。
その時はご報告させてください。

いつも応援し支えて下さる皆さんには、
ここから共有させて頂きたいと思いました。



皆さんにとって今日が
素晴らしい1日でありますように。


💐💐💐💐💐



絵がきや晴加

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する