mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

もうすぐ端午の節句♪

皆さま、GWはいかがお過ごしでしょうか(^ ^)?



今日は憲法記念日、明日はみどりの日、そしてこどもの日と続きますね♪




今回は奈良時代から続く日本の風習、「五節句」のお話しです。




さて、こどもの日は端午の節句ともいいますが、実はこの「こどもの日」という呼び方は1948年に制定されたもので、それまでは「端午の節句」という呼ばれ方が一般的でした。




端午の節句とは、季節の節目を祝う日本の伝統的な式日である五節句の中の一つに数えられています(^ ^)



五節句とは、、

●1月7日 人日(じんじつ)の節句

別名「七草の節句」です。七草粥を食べて一年の豊作と、無病息災を願います。


●3月3日 上巳(じょうし)の節句

別名「桃の節句」です。お雛祭りの日で、女の子の誕生と成長を祝う日です。


●5月5日 端午(たんご)の節句

別名「菖蒲(しょうぶ)の節句」です。子供の日で、男の子の誕生と成長を祝う日です。


●7月7日 七夕(しちせき)の節句

別名「笹の節句」です。短冊に願いを込めて笹に飾ると願いが叶うといわれています。


●9月9日 重陽(ちょうよう)の節句

別名「菊の節句」です。一般的には馴染みがない節句ですが、宮中や寺院では菊を鑑賞する行事が行われています。




「節」とは、季節が変わる節目のことで、「節日(せちにち)」といい、特に重要な年中行事の日として「五節句」が定められました。




五節句には、1月を除き奇数の重なる日が選ばれていますが、これは奇数を縁起のよい「陽」の数字とする中国から伝わった習わしで、日本古来の年中行事と結びついて現在でも継承されています。





「五節句(五節供)」の日は、江戸時代には公的な行事となり、農作業などの仕事を集落全体で休む日となりました。




この続きは次回のメルマガで(^ ^)

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する