ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

高階整骨院からのお知らせです!30.4.30 『ツクツクメール!!』

こんにちは。

GWまっただ中ですが、車での遠方の旅行などは、思わぬことに出くわすことがありますので、十分に余裕を持ってお出かけ下さいね(^^♪

本日、祝日ですが高階整骨院は休日診療しております!
調子が思わしくない方は、この機会に是非ご利用下さい。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◎ここで「カラダ」クイズです!
 人間の腸って様々な仕事をしてくれています、ではこの腸を広げた時の“広さ”は?

 ①東京ドーム
 ②テニスコート
 ③バトミントンコート

答えは一番下です(^^♪



■・△・▲・□・▼・□・■・△・▼・▽・◇・


5月の休日診療のお知らせ

◇5月3日(木祝)午前の部は診療いたします。


■・△・▲・□・▼・□・■・△・▼・▽・◇・

ちょっといい話!

【非常識が世界を変える】

「星野修さんのメルマガ」より

情熱思考  是久昌信著




あなたは、こんな男を友にできるだろうか?



自分勝手で頑固。



負けず嫌いで口が悪い。



理想が高く、完璧主義。



知識もないのにえらそう。



ある青年はそんな変な高校生に出会った。



しかも2人は、名前が同じ。



青年は、自分と容姿も性格もまったく正反対な変な男になぜか、ひかれた。



やがて、その変な男はゲームの会社に就職した。



変な男は、自分には知識がないからと、自分の代わりに青年に仕事をやらせた。



その結果、「ブロックくずし」というゲームが完成。



この経験がきっかけとなり、青年は自分でコンピューターをつくりあげてしまう。



しかし、ゲーム会社は、そのコンピューターにまったく関心を示さなかった。



一方、変な男は、そのコンピューターに計り知れない可能性を見いだした。



そして、青年に会社をつくろうと言った。



変な男は、自分の車を売って資金をつくってきた。



青年は、宝物だったプログラム計算機を売った。



青年の名はスティーブ・ヴォズニアック、25歳



変な男の名はスティーブ・ジョブズ、21歳



2人はガレージで小さな会社を設立した。



会社の名前はアップル。



それは常識をくつがえす、世界最強のパソコンメーカーの誕生だった。



彼らの情熱は、コンピューターに革命を起こした。



「簡単にインターネットにつながるコンピューターをつくろう」



「ポケットに音楽ライブラリーを入れて持ち歩けるようにしよう」



彼らのアイデアは人々の生活を変えた。



そして、世界を変えた。



世の中の非常識によって進化する。



常識で夢は描けない。



常識で可能性は見いだせない。



見えないものが見えるから変なヤツ。



いつも変なヤツが世界を変えてきた。



常識を捨てよう。



人生は可能性であふれている。


▽-------------------------▽

クイズの答えです。
② テニスコートです。 実際にはテニスコート1面半、約300平方メートルあります。凄く広いですね(*^^*)

△------------------------△

   ■■■■■■■■■■■

高階整骨院(たかはし治療室)はどんな世代であっても、元気で活き活きとした生活を送っていただく為のサポートを行っています!

本気で、健康的で豊かで幸せな社会を創る!
あなたの身体のコンサルタント高階整骨院(たかはし治療室)

0120-997-233

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する