ロゴ

mail magazine backnumber

メールマガジン バックナンバー

高階整骨院からのお知らせです!30.3.19 『ツクツクメール!!』

こんにちは。

お天気も水曜日までは、雨続きみたいですね(^-^;

気になる桜の開花も、この辺りは、平年より早く3/26~4/1になるらしいです。

入学式までもってくれることを祈ります!

○・◆・☆・●・〇・◆・☆・●・〇・◆・☆

休診・休日診療のお知らせ

●3月24日(土)は都合により休診とさせて頂きます。

〇3月21日(水祝)は通常診療いたします。

■・△・▲・□・▼・□・■・△・▼・▽・◇・


★ちょっといい話

【優しさ】

メルマガ「100人の1歩」より

~~~


[続 気くばりのすすめ]

鈴木健二著

より


~~~



知的障害者を兄にもつ小学1年生の子(弟)の話です。




入学式の日、その子(弟)の席のとなりに、

小児麻痺で左腕が不自由な子が座りました。



最初の体育のときでした。


手が不自由な小児麻痺の子は、

着替えるのに30分もかかってしまいました。



時間がかかっても、

先生は、何も言わずこの子を放っておくことにしました。



でも、二度目の体育の時間には、

この子も他の子といっしょにきちんと並んで待っていました。



どうしてだろうと思った先生は、

次の体育の前の休み時間に、そっと陰から見ていました。


すると、隣の子(弟)が、一生懸命に

手の不自由な子が着替えるのを手伝ってあげていたのです。



そして、その子が着替え終わると、

二人で校庭に元気よく駆け出していったのです。



先生は、やはり何も言わずに見守ることにしました。




七夕の日のことです。


ちょうど授業参観日でした。
 


先生は子どもたちに願い事を書かせて

それを教室の笹に下げておきました。
 


お母さんたちが集まったところで、

先生は、一枚一枚

短冊を読んできました。



一年生ですから、

「あのおもちゃかってちょうだい」

「おこずかいちょうだい」

というようなことが書いてありました。



その中に一枚だけ、こう書かれていました。




「かみさま

ぼくのとなりの子の

うでをなおしてあげてください」



あの弟が書いたのものでした。



先生は、この一途な祈りを読むと

もう我慢できなくなって

あの体育の時間のことを、お母さんたちに話しました。



小児麻痺の子のお母さんは


子どもがどんなに教室で不自由しているのだろう

迷惑をかけているのだろう

申し訳ないことをしてしまったと

教室に入れずに

廊下からじっと様子を見ていました。



が、


先生の話を聞いたとき

突然、廊下から飛び込んできました。



教室に入るなり、ぺったりを床に座り

この弟の首にしがみついて絶叫しました。



「坊や、ありがとう、


ありがとう、ありがとう、ありがとう。


ありがとう、ありがとう、


ありがとう。・・・・」



その声がいつまでも教室に響き渡ったそうです。

メールマガジン バックナンバー

過去にお送りしたメールマガジンをバックナンバーとして公開しています。

メルマガを購読する