インターペット2024に参加しました

44日〜7日の4日間、東京ビックサイトで開催された 人とペットの豊かな暮らしフェア「インターペット2024」に参加しました。



いや〜〜〜大盛況で、まず、会場に車を駐車しようとしたら駐車場はどこも満車、車を止める場所がどんどんどんどんと会場から離れていきます。同じ様に駐車場を探す車がノロノロと会場周辺を走り回ります。なんとか駐車場を見つけて、会場入り、、、

ひゃーと言ってしまうほど、すごい人混みと犬混み、人と様々な犬種の犬達で会場はい〜〜〜っぱいでした。

主催者発表によると、約7社が出店したこのペットイベント、

4日間でな、なんとホモサピエンス・人間は67名、ペットはなんと3万頭が参加したそうです。会場も広くて、簡単に迷子になってしまいます。

私は白衣を着ていたので少々目立つのか、、、

なんちゃってお手伝いでの参加でしたが、向こうから気づいてくれた知り合い達が声をかけてくださり、ありがたかったですね。

知り合いの獣医師である「佐藤たかのり先生」がステージ上で対談していて、、、SNSでも有名な佐藤先生はさすがすごい人気で、立ち見の飼い主さんもたくさんいました。

大学の先輩がそのステージ近くにいるから、すぐわかるからというので、探したのですが人があまりに多すぎて結局2日間探したもののうまく会えずじまい。今度は、この出店ブースに何時頃行くよと言われて、そのブースに向かうも、通路は大渋滞していて、時間通りには到着できず、タッチの差で結局会えない、、、という、芋の子洗い状態でした。

私は、SPAという動物保護団体のブースでお手伝いというかだべっていたのですが、そこの卒業生というかSPAから新しいご家族に迎えいれられて巣立っていったワンちゃんと飼い主さん達が立ち寄ってくれていました。

SPAの齋藤代表をはじめ、優しいスタッフさん達が、巣立っていったワンちゃんと飼い主さん達に久しぶりの再会を喜んでいました。学校の同窓会で、「先生〜」と卒業生が恩師達に話しかけてくるって感じに似ていました。

卒業生ワンちゃん3匹が、SPAのブース前で記念撮影していたので、私も4匹目のフリして犬のポーズで写真撮影の仲間入りをしたところ、周囲のホモサピエンス達の失笑をかっておりました。

お笑い芸人・俳優の「なべやかん」さんや、老犬・老猫ホーム・東京ペットホームの渡部代表もSPAに立ち寄ってくれてとても雰囲気の良い和やかなブースでした。

米国老舗のペットフードメーカー「ヒルズ」のブースでは以前同僚だったエース獣医師の高橋先生とキム先生が健康相談をしていましたし、アイデアマン深澤さんがインスタに写真載せると神戸牛のお肉プレゼントなんてやっていました。いろいろ工夫されていましたね〜。

一覧 「床ずれ・褥瘡(じょくそう)」についてのYouTube動画