投稿写真ガイドライン
店舗投稿において、写真はとても大切なものです。写真をキレイに撮ることで、掲載率もUPしますので、是非このガイドラインを参考にしてみてください。
ポイント!!
実際に、ユーザー様があなたの投稿を見て、「このお店に行きたい!」と思って頂けることが大事なポイントです。
また、お店の方があなたの投稿写真を見たときに、「素敵に載せてくれてる、嬉しい!」と思って頂けるような写真を心がけましょう♪

TIPS

正方形に撮った写真だと、料理や内観・外観が見切れずに全体を写すことが出来ます。投稿する側はもちろん、見る側も快適なので、ぜひお試しください♪
【正方形の撮り方】iPhoneの場合
カメラ起動中に画面を右から左にスワイプすると[スクエア]が選択され、プレビュー画面が正方形になります。
※androidは機種によって異なります

料理編

なるべく明るく、自然光で撮りましょう
光は上から当たっているとおいしそうに見えます。
光の位置を見て、食べものをずらしながら、おいしそうに見える位置を探してみましょう。
※ フラッシュを使うと、必要以上にテカってしまったり、平面な印象の写真になってしまいます。また、逆光だと料理が暗くなってしまうので要注意です。
イマイチな例 イマイチな例 暗くておいしさが伝わりづらい…
良い例 良い例 明るくて艶も出ていて、おいしそう!
素材に寄って撮りましょう
まず、その料理の中で、一番撮りたいと思う部分を決めましょう。料理の質感を表現するには、素材に”寄って撮る”ことがポイントです。料理に関係ないもの(おしぼりや、腕など)は写さないようにしましょう。
全体的に真上から撮るのではなく、近づいて撮ることで、ボリューム感・質感をより一層表現することができます。
イマイチな例 関係のないお皿や手が映っていて、メインの料理に集中できない
良い例 メインの料理がアップで映っていて、ボリューム感・質感がわかりやすい!
「ピント」と「ぼかし」をうまく利用しましょう
iPhoneやスマートフォンには、「ピント機能」が付いているものが多いです。
ピントを合わせたい部分をタップしてみましょう。
また、そのまましばらく長押しすると、「AE/AFロック」という表示が出て、ロックされます。ロックした位置でピントが合ったまま、構図を変えることができます。更に、料理を手前においてそこにピントを合わせれば、背景がぼけて、一眼レフで撮ったような写真を撮ることができます。
イマイチな例 ピントが合っておらず、わかりにくい
良い例 しっかり料理にピントが合っていて見やすい!
斜めからのアングルを意識しましょう
真上からではなく、少し斜め(45℃くらい)のアングルで撮影してみてください。このアングルだけで、料理の印象がガラリと変わり、キレイでお洒落な写真になります。
イマイチな例 料理の全体像がわからず、のっぺりとした印象に…
良い例 少し斜めに撮ることにより、光もあたり、立体感が生まれる!
暗いところでは露出機能を使いましょう
料理の写真はやはり、明るく艶があるほうがおいしそうに見えます。しかし、室内などでどうしても暗くなりがちなときには、露出機能を使いましょう。
イマイチな例 料理に艶がなく、全体的に暗い印象に…
良い例 鮮やかで、艶もありおいしそう!
【露出機能の設定方法】
iPhoneの場合は、画面をタッチすると、ピントを合わせられます。そしてその際、右側に太陽マークが出てきます。太陽マークを上下にスライドさせると、明るさが調整できます。他の機種であれば下記のような[+][-]のマークが表示されている部分を操作してみてください。
※画像での説明は内観・外観編の「暗いところでは露出機能を使いましょう」参照

内観・外観編

人物・公共物が入らないように撮影しましょう
撮影の際は、人・電柱・ゴミ箱などが入らないように撮影しましょう。
※ 投稿を審査する際、人が映っていた場合は非掲載にさせていただく場合がございます。ご注意ください。
イマイチな例 電信柱や自転車でお店の看板が見えなくお店も閉店中
良い例 お店を正面から撮っていて、関係ないものが映っていない!
【TIPS】
ガラス張りの外観や、混雑した店内など、どうしても人物が映ってしまうときは、一部のみ写して撮影してください。
外観の場合:看板やメニュー、特徴的なものなど
内観の場合:特徴的な小物や、おしゃれな照明などがおすすめです♪
特徴的な小物
看板
水平垂直に撮影してみましょう
水平垂直に撮影することで、無駄がなく安定感がうまれます。
iPhone・スマホの「グリッド表示」機能を使用すると便利です♪グリッドを表示させて、建物の縦の線と、横の線をグリッド線に合わせて撮影していきます。
【グリッドの表示方法】
カメラの設定を開き、iPhoneは設定の「写真とカメラ」→「グリッド」をオンに。 Androidの場合、カメラから設定を開き、「ガイドラインを表示」に。
※機種によって微妙に異なる場合がございます。
なるべく明るく、自然光で撮りましょう
料理と同じで、写真は自然光だときれいに撮れます。
なるべく自然光をいかして撮影してみましょう。
※ 逆光だと暗くなってしまうので要注意です!
イマイチな例 逆光で建物が暗くなってしまっている
良い例 明るくて見やすい!
暗いところでは露出機能を使いましょう
料理編にもありますが、外・店内が暗くて、写真をとってもあまり伝わらない…という場合は、露出機能を使ってみましょう。
iPhoneの場合は、画面をタッチすると、ピントを合わせられます。そしてその際、右側に太陽マークが出てきます。太陽マークを上下にスライドさせると、明るさが調整できます。
他の機種であれば下記のような[+][-]のマークが表示されている部分を操作してみてください。

© 2012-2021 ツクツク!! All Rights Reserved.