行動と環境

  • 配信日: 2021-11-12 22:00:29
こんにちは 酒井聖花です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<メルマガにご登録頂いた皆様へのご案内>
登録特典と致しまして、
わんちゃん又は猫ちゃんの暮らしやしつけに
役立つ動画メール講座をプレゼントしています。

ご希望の方は、お問い合わせより、
お名前、メールアドレス、希望の種類(犬or猫)
を書き添えて、ご連絡下さい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

メールを開封して頂き、ありがとうございます!

今日は、環境について・・・。

テーマとしては地味・・かな?(^_^;)


しかし、これは、ペットを育てる上でも

子供を育てる上でも、

もちろん、自分にとっても

非常に大きな鍵となります。


私がペットの行動のご相談を受ける際に

環境100点!というご家庭は、

一度も会ったことがありません。


ここで言う環境とは

住む場所や家の広さや庭のあるなし

室内のレイアウトなどの物理的状況や

動物を取り巻く、人、他の動物、匂い

等々、取り巻く様々なモノを含みます。


田舎に住んでいるとか

都会のマンション暮らしとか

変更するわけに行かない事は

もちろん、あります。

家族が忙しくて、お留守番が多い子もいれば

子供がいていつも騒がしいケースもあります。

ですから、唯一の正解、というのはありません。


「本来であれば、どういう状態が理想なのか」

という事をまずは理解することが大切です。

その目標が見えていないと、

改善すべき事にすら気づけません。

つまり、問題を問題と認識できない事

それが、最大の問題です。


改善した方が良い例を具体的に言いますと、

わんちゃんでは、絶対的な運動不足です。

飼い主さんは「結構運動させてるんですけど」

と言われますが、それは飼い主さんにとっては

確かに、結構な運動量なのかもしれません(^_^;

しかし、わんちゃんにとってはどうなのか?

という視点が抜けてしまっていると

私はこんなに疲れたんだから、

あの子もそれなりに満足しただろう、

足りているはずだわ〜と

自分目線で測ってしまうのです。

「犬」という動物が、本来なら

毎日どのくらいの運動量なのか?

そこを知っておく必要があります。


もちろん、

わんちゃんが満足するまで運動させている

というご家庭の方が希です。

しかし、その足りない部分を

室内の遊びを増やしたり、

お部屋で過ごす時間の満足度を上げる

工夫をどのくらい出来るか?が

わんちゃんの精神的な満足度にも

繋がり、家庭内での困った行動を減らす

事に繋がります。


つまり、環境はその動物の行動を創る

大きな要因になるのです。


これは、私達にも言えることです。

誰とつき合うのか

どんな環境に身を置くのか

そういったことが、

自分の行動を決め、未来を決めます。


あんな風になれたら良いなあ・・

と思いつつ、そうでない環境にいると

そこから抜け出すことはとても難しいです。


例えば、ダイエットしたくても

いつも遊ぶ友達が皆スイーツ好きで

スイーツ巡りが皆の楽しみだったら?

その中にいて、自分だけ食べないって

かなりの忍耐力を要しますよね?



あなたが生きたい世界に生きている人

あなたがやりたいと思っている事をやっている人

まずは、そういう世界に飛び込み

そういう人と接する機会を増やすこと

まずは、思い切って理想に近い環境に

飛び込んでみること

それが出来ると

ずっと次のSTEPに進みやすくなります。


ホントに小さなSTEPで良いのです。

自分にとっての理想の環境作り

ペットにとっての理想の環境作り

その気になって探せば、必ずできる事があります。

是非、取り組んでみて下さいね!


次回は、猫ちゃんの環境についても

触れたいと思います。

最後までお読み頂き

ありがとうございました!