【情熱のふくどめ米】について

  • 配信日: 2021-10-02 18:45:37
みなさま、お世話になっております。
サステナブルショップ「ハンドミーアップス」&「えん農園」の石川トモアキです。

当店のメルマガ登録をしていただき、まことにありがとうございます^^

今回は記念すべき(?)2回目のメルマガ配信です。

前回は主にふくどめさんについて。
今回も主にふくどめさんについて。

あ、今後取り扱う予定の商品について軽いお知らせもあります^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生産者:わらびおかの百姓 福留 壯
・2021年産
・高知県四万十市産
・コシヒカリ玄米
・農薬、化学肥料、除草剤不使用
・有機栽培
・耕作面積約15町(来年はさらに増えます)


1キロ
https://ec.tsuku2.jp/items/20210905040208-0001?t=3&Ino=000010886900

5キロ
https://ec.tsuku2.jp/items/84501240710290-0001?t=3&Ino=000010886900

9キロ
https://ec.tsuku2.jp/items/54241917002400-0001?t=3&Ino=000010886900

20キロ
https://ec.tsuku2.jp/items/56300110259020-0001?t=3&Ino=000010886900
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


★ふくどめさんのこだわり★

ふくどめさんの玄米は、農薬、化学肥料、除草剤不使用。
「正真正銘」の有機栽培です。
実際に僕もそこで働いているから言い切ることができます。


●自家採種
→収穫したお米を来年の種として保存します。
「え?それって普通じゃないの?」と思っている方、残念ながら違います!

自家採種している農家さんもいてますが、JAなどで苗を買っているという農家さんも少なくありません。JAで育てた苗は、農薬や化学肥料が使われている可能性が高いです。
例え「無農薬です^^」という謳い文句で販売しているお米や野菜でも、蓋を開けると苗は市販品を買っているということがありますし(無農薬とは言い切れない)、実際に見てきました。
苗を買うことはまったく否定しないですが、それを隠して「無農薬です」というのは説明責任から逃れていると思いますネ。
真剣に消費者のことを想うなら、種は農薬コーティングされてます。とか、育苗土には化学肥料が含まれています。など表記してほしいです。化学物質過敏症というものもあるので^^;


自家採種した種はその土地の特性を記憶すると言われており、田んぼの特性にあったお米にどんどん育っていくということです。
それは病気、虫害、自然条件などの色々に強く、結果的に元気なお米になります。
【情熱のふくどめ米】というネーミングは、ふくどめさんが毎年自家採種した元気なお米だよ!という意味も含んでいます^^


●全工程で化学薬品の類不使用
→自家採種にも関係してきますが、育苗から収穫まで全工程で化学薬品の類を使用していません。
種は木で出来た昔ながらの保存庫で保存。
消毒は温湯消毒(おんとうしょうどく)これは漢字のまま、お湯で消毒するという手法。昔ながらの技術ですがけっこうポピュラーだと思います。
温湯消毒をやっている人はそこそこ多いのではないでしょうか^^

僕がすごいなと思ったのが、苗を育てるときに使う「育苗土」。これも農薬、化学肥料、除草剤不使用。ふくどめさんは耕作面積が多い分、そういう資材もとても多くなりますが、なんとこの育苗土は業者さんに直接交渉して、特別に農薬、化学肥料、除草剤が含まれていないものを作ってもらってるんです。2トンぐらいかな?すべて特注です。業者さんがトラックで配達してくれます。


●除草剤不使用
約15町、除草剤不使用。
書くのは簡単ですが、

これって、ほんとに、めちゃくちゃ、すごいこと なんですよ。

ちなみに15町というのは東京ドーム15個分。
1枚の田んぼの面積基準を1反とすると、なんと150枚分。

150枚分の面積の田んぼを除草剤不使用。

もう一度書きます^^

【これって、ほんとに、めちゃくちゃ、すごいこと】 なんですよ。


「マメに草取りすればいけるんじゃない?」と思っている方、
残念ながらそんなレベルじゃないんです^^;
1枚や2枚の田んぼなら大丈夫です。
けど150枚分ですからね。
「人力」でできる範疇を余裕で超えています^^

そう。「人力」で出来ないから「自然」を活用しているんです。
水の管理もとても大事な仕事になってきます。
もちろん油断すると草が大量に生えてきたりします。
先月、実は草だらけになった田んぼの草引きに行きました笑
けど草だらけになるのは、割合にすると10%以下でしょう。

9割以上の田んぼ(枚数にすると135枚以上)を

【除草剤不使用】&【草抜きなし】で毎年やってます。

・・・・・・・・・

いや、ほんと。
神なの? すごすぎでしょ?


あ、余談ですが、ふくどめさんは「神道」にとても詳しいです。
もともと勉学熱心で、古事記を何度も読んだと言っていました。
神道の考えを、稲作にも取り入れたり入れてなったり。
米は八十八の工程があるんだと教えてくれたり。
自然のことをたくさん教えてくれたり、ほんとにおもしろいです^^


さらに余談。
ぼくも負けじと、「男」という感じは「田」に「力」と書きますよね~。
田んぼは男の仕事だということですよね~と対抗してみたり笑
(男尊女卑を助長するものではありません)


脱線しましたが、とにかくムネアツの情熱的なふくどめさん。
これをやってのけるのは「情熱」以外になんて表現できるでしょうか?


いま出品している玄米は、そんな素敵なふくどめさんが大事に育てたお米です。
みなさま、この「情熱のふくどめ米」食べてみませんか??



これは僕だからこそ書ける内容です。今後もこういう感じでいきます^^

僕は、本当に良いものを探します。そしてそれを多くの人に知ってもらいたい、試してもらいたいという想いです。現時点では「衣」と「食」のそれぞれ一部分です。


情報が多すぎる現代。
あたかもホンモノ面なキャッチコピーやパッケージデザインで、「本当に良い物」がうもれがち。すべてとは言い切れませんが、それは伝統の崩壊、地球環境の悪化、健康被害、などなど今と未来にとって良くないことが多いと思います。
新しいモノも良いのですが、一度立ち止まって後ろを振り返る。じつは過去に答えが出ていたということも多いと思います。今まではどうしてきたか。それを踏まえてこれからどうしていくのか。温故知新、大事ですね^^



長くなりましたが最後までありがとうございます^^
今後ともよろしくお願いいたします。

石川トモアキ


■お知らせ
ムネアツ情熱オリーブオイルの取り扱いも始まります^^
フロームイタリ~