本日、疫病退散祈念願 和太鼓他奉納演奏 無料配信18:30〜いたします。

  • 配信日: 2021-07-25 11:53:06
こんにちは 杉並セルフメンテナンスステーション です。
本日、疫病退散祈念願 和太鼓他奉納演奏 無料配信18:30~いたします。

雨天催行ですが、機材の状況やインターネット環境により、
配信ができない可能性もございますのでご了承ください。
後日、録画・編集したものをご覧いただける方向性ですので
準備が整いましたら、無料クーポン登録でご覧いただけるようにいたします。

こちら、和太鼓奏者 響道宴さんを軸に
多くのアーティストのプロモート活動や
作品の脚本から演出まで手掛ける

芹澤瑩乃(せりざわ てるの)様、響道宴様とのご縁があり
今回、旦那さんが奉納配信させて頂く流れとなりました。

杉並区にご縁を得たご夫妻(瑩乃さんと響さんもご夫妻です。)は、
通算21年、杉並大宮八幡ぐで7月25日に
奉納演奏を続けてきたものです。

時間が合う方は是非、安全安心にご覧ください。

今日のZoom中継URL

Zoomミーティングに参加する
https://us02web.zoom.us/j/82008837249

ミーティングID: 820 0883 7249

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
疫病退散祈念願 和太鼓 他 奉納演奏
杉並大宮八幡宮 境内内 18:30~

「時間をはずした日の祭り」

演目
1:しののめ 阿門×かむゐ
〜MC 〜 <疫病退散について、今回の奉納演奏について>
2:2 teku-teku
3: 由結ひ
4: 宵の桜
5: 月呼
6: 篠笛 ソロ
7: やっさもっさ
8: 能管ソロ
9: 繋ぎ音(大太鼓)
EC とことこ 全員

出演者 プロフィール
響 道宴(ひびき・とうえん)/ 和太鼓奏者
演出家・松永良男太に師事し、舞台人としての基礎を学ぶ。
太鼓集団「鼓童」のメンバーとして活動後、ソリストとして独立。即興を得意とし、「個」として太鼓と正面から向き合い、独創的な世界観を確立。 また、その一方、創造的でチャレンジ精神旺盛な姿勢で 異種表現者(陶芸家・文楽人形遣い・舞踏家・能楽師・ダンサー・演奏家など)とのコラボレーションも重ね、和太鼓の音楽的な可能性や表現を提示し続けている。舞台・神社仏閣・自然の中など、世界の様々な場所での演奏、さまざまなユニットや企画の立ち上げ、プロジェクトへの参加、文化推進事業への企画や海外公演も行っている。また、オリジナルな技法による半立体の絵画作品や、デザインも手掛け、2021年からはラジオのパーソナリティも務め、「和」の魅力を伝えるため、多方面に活動を展開している。
https://t-hibiki.com/


武田朋子(たけだともこ)/篠笛・能管
江戸囃子の太鼓・笛を習得し「鼓童」文化財団研修所にて研修を修了。能管を能楽の笛方・一噌幸弘氏に師事。
和太鼓と笛のDUO「朋郎」で3枚のアルバムを発売、祭り囃子や古典芸能をベースとしたオリジナル曲を得意とし、数多くの作品を生み出している。
ゆず、青柳拓次、石川さゆり、大友克洋作の映画『火要鎮』など、様々なレコーディングに篠笛や能管で参加。
上海万博、アスタナ万博、平昌オリンピック公式文化行事に参加する他、毎年ポルトガルを中心としたヨーロッパツアーを行うなど海外演奏も多数。
堂本光一・井上芳雄 主演の新作ミュージカル『ナイツテイル〜騎士物語〜』に笛奏者として出演、フラメンコや一人芝居、文楽人形やダンスなど、舞台作品での演奏も多く手がけ、日本各地、世界各地で幅広く活動中。
https://tomoko-takeda.net/#info


SAMURAI ARTIST KAMUI /形式美と芝居と武術を融合したサムライアーティスト。

世界30ヶ国以上、約130都市をパフォーマンス等で訪れている。 主な活動としてJ.F.ケネディーセンター
をはじめとするKAMUIアメリカ公演、イタリア国立ペルゴラ劇場公演や ヴェッキオ宮殿での演舞、ロシア国立エルミタージュ美術館公演などのヨーロッパツアー、アルマーニホテルドバイ、 ブルーノートなどでのディナーショーなど活動は多岐にわたる。
リーダー島口はQ・タランティーノ監督映画『KILLBILLvol.1』に出演(CRAZY88- “MIKI” 役)&殺陣指導・振付を 担当。
2012年、独自のSAMURAIメソッド『剱伎道』を創設。 日本、イタリア、ポーランド、チェコ、リトアニア、
ベラルーシ、アメリカなどで道場を展開中。
日本文化・芸術としての「SAMURAI」を世界に発信し続けている日本唯一の『サムライアーティスト』集団で
ある。(※) ※(「サムライアーティスト」国際特許取得済)
www.samurai-kamui.com 

阿門 (あもん) / 和太鼓チーム
「阿門」とはプロの和太鼓奏者・響道宴が主宰する太鼓研究会のメンバーで構成された太鼓チーム。
和太鼓という楽器自体が持ってる力は古来より、喜びの時、悲しみから立ち直る時、気持ちを奮い立たせる時、祈りを捧げる時に使われました。その力を一人ひとりの身を通して、表現していこうと試みて発足。自然の理にかなった打ち方を目指し、それぞれの個性を活かしながら、太鼓人として前進中。

(杉並大宮八幡宮)
https://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/

(配信 さくら電子出版社 小野敬人)
https://www.ktojapan.net/