【老後に働くともらえる年金が減らされるって本当?】

  • 配信日: 2021-07-12 11:29:41
こんにちは。お金の小学校運営事務局です。
このメールマガジンではお金にまつわるアレコレのお話を不定期で配信していきます。
知っておくと少し得する情報や身近なお金の情報を配信していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

今回はみんな気になる『年金』のお話です。
こんな話を聞いたことがありませんか?
『老後に働いて給料をもらっていると、もらえる年金が減額されてしまう」
今までこつこつ払い続けてきた年金が老後に頑張って働いていたら減らされてしまうなんて……。たまったもんじゃないですよね……?
この話、一部は正しいのですが、絶対に減額される! というわけではありません。どういうことなのでしょう?
まず、年金が減るかどうかは第何号被保険者か? によって違います。
自営業などの第1号被保険者や扶養の主婦の方などの第3号被保険者はこの減額の対象ではありません。
減額の対象となるのは第2号被保険者(いわゆる公務員や会社員の方)です。
また、この減額となる第2号被保険者の方も『減額の判断基準となる収入』があります。
つまり、その判断基準内の収入であれば減額は無いということです。
具体的にいくらなのか? 
それはぜひリンク先のお金の小学校講師、加藤先生の記事を読んでみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
加藤先生のコラムはこちらです。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD022GA0S1A600C2000000/

次回のメルマガ配信もお楽しみに!

お金の小学校開催イベント
https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=00018280213002