【iDeCoの受け取り方のコツ、知ってますか?】

  • 配信日: 2021-06-22 12:42:46
こんにちは。お金の小学校運営事務局です。

このメールマガジンではお金にまつわるアレコレのお話を不定期で配信していきます。
知っておくと少し得する情報や身近なお金の情報を配信していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

今回は『iDeCo』のお話です。
このメルマガでも度々話題に出ている老後に最低2000万が必要問題ですが、その対策として注目されているiDeCo。
iDeCoとは何か? すごくざっくり言うと『自分が拠出した掛け金を自分で運用し、資産を形成する年金制度』です。
国だけに老後の年金を頼れないから自分の老後のお金を自分で作ろうということですね。
そのiDeCo、受け取り方にちょっとしたコツがあるそうなのです。
そもそもiDeCoは自分で作る年金なので60歳になるまで受け取ることはできません。そして、コツコツ積み立て、運用をし、満を持してそれを受け取れる60歳になったとき、受け取り方によってはせっかく積み立てたお金が税金でたくさん持っていかれることになってしまうのです。
具体的に言うと、退職金とiDeCoのお金を退職と同時に一括で受け取るのはおすすめしません。控除額が変わってきてしまうからです。
ではどうしたらいいのか? 具体的にどれくらい金額が変わってくるのか?
せっかく働いてコツコツ積み立て、運用してきたお金です。受け取れるならばうまく控除を受けて、たくさん受け取りたくないですか?
詳しくはお金の小学校講師の渡辺先生のコラムを読んでみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
渡辺先生のコラムはこちらです。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD1973J0Z10C21A5000000/?unlock=1

次回のメルマガ配信もお楽しみに!

お金の小学校開催イベント
https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=00018280213002