ペルーのアボカド

  • 配信日: 2021-09-19 13:00:21
メルマガVOL3 20210918

Hola todos! ¿Como estan?

ペルーの国民舞踊「マリネラ・ノルテーニャ」のダンサー桜舞媛こと、千文です。

メルマガ登録をありがとうございます。


先日近所のスーパーでペルー産アボカドを見付けました。
最近はペルーからの輸入品が増えてきましたが、なかなか見かけないので、
ぺルー産とみればすぐに買ってしまいます。
喫茶店のペルー産コーヒーしかり。
そこで、アボカドもさっそく1個購入しました。

写真はこちら
https://www.instagram.com/p/CT2_5yph6D3/?utm_source=ig_web_copy_link


日本では「アボカド(avocado)」と言いますが、
スペイン語で「弁護士」のことを「アボガド(abogado)」と言うので、
スペイン語を習いたての時には、よくごっちゃになりました。

辞書やGoogle翻訳で「アボカド」の事をスペイン語で調べると「アグアカテ(aguacate)」とでます。
しかし、ペルーでは「パルタ(palta)」というのが一般的です。

アボカドは中央アメリカ原産なのですが、調べたところ、
「アグアカテ」はナワトル語に由来し、
「パルタ」はケチュア語に由来するそうです。

そして、ウィキペディアによると、アグアカテと弁護士(アボガド)が混同して「アボカド」という名称が生まれた、とありました。
えー、そうなの?


と、名称についてはこの辺で置いておいて、
私は買ったアボカドを食べながら、ペルーのパルタに思いをはせていました。

それというのも、ペルーで最も多く売られている品種は日本のとは違うからです。
皮が薄く緑でツルっとしていて、とげとげがありません。
そして、とてもクリーミーでおいしいのです。

実はペルーに行くようになる前はアボカドが苦手でした。
食べ後に残るえぐみがダメだったのです。

でも、ペルーでパルタを食べてからは大好きになりました。
この緑のタイプはえぐみがなく、本当においしいのです。

ペルーのホームステイ先では毎朝パルタが出ます。
半分か四分の一にカットして、それをバターナイフですくってパンに塗って食べます。
それに塩をちょっとかけたりして、あー、たまりません。

皮は緑のままで完熟するので(黒くなったらもう腐っています)
見極めが難しいのですが、市場ではお店の人がいつ食べるか聞いてふさわしいのを選んでくれます。
お店の人の見る目確かで、言われた通りの時に食べると、ばっちり食べごろです。


庭にもアボカドの木が植わっているくらいなので、流通量も多くとても安いです。
スーパーや市場では売り場に山盛りになって売っています。
でも、1個から購入可能です。

木になるアボカド
https://www.instagram.com/p/CT5rA62BeI4/?utm_source=ig_web_copy_link


と、絶賛しているペルーのパルタですが、緑のタイプは皮が薄いのでとてもデリケートで輸入は難しいのだそうです。
あっという間に完熟しますし。

なので残念ながら日本では食べられません。
ペルーに行かれた際にはぜひ食べてみてください。

でも、今日本で売っているぺルー産アボカドもおいしいですよ。
見かけましたら、ぜひどうぞ!


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

un abrazo cn mucho cariño


Chifumi Fukuda



🌸《スタジオレッスン「Marinera mi alma」HP》
https://chifumifukuda.jimdofree.com/

🌸《YouTube》
https://www.youtube.com/channel/UCnlAR5JXwatCgrtZhwFBZKg

🌸《instagram》
https://www.instagram.com/marineramialma/