世界三大飲料の融合と調和

  • 配信日: 2021-07-08 09:51:05
こんにちは。

コーヒー豆の幅広い可能性を追究する加藤です。
今回は、新たな製品の先行ご紹介をいたします。

『オーカーほうじ茶』

【世界三大飲料の融合と調和】
江戸時代から続く茶園「MIYAZAKIEN」の1番ほうじ茶に
コーヒー豆の新たなカテゴリー飲料である「オーカー」をブレンド。

香り高きほうじ茶の味わいに、オーカーの豊富なポリフェノールを加え、
あえて碾茶のくき(ほうじ茶焙煎)を加えることでより深い味わいを演出しました。

コーヒー豆とお茶の調和
植物素材を活かした共創飲料としてお楽しみいただけます。

『オーカーほうじ茶』
コラボレーション商品〜Possibility of coffee beans〜

江戸時代から続く茶園「MIYAZAKIEN」2種類のほうじ
コーヒー豆研究所「Lab Signal」オーカー

【MIYAZAKIEN】6代目 梅村篤志
江戸時代から続く愛知県の額田にある茶園「MIYAZAKIEN」の6代目代表の梅村篤志は
温故知新を茶葉で表現する茶文化の異端児です。
固定概念に捉われず、様々な種類の茶葉を栽培し茶の魅力を発信しています。

出会いは2020年。
梅村さんの茶への想いと、斬新なアイデアに必ず製品化をしたいと思っておりました。
そして今回、2人の想いが形となり、世界的な原料の融合と調和はこれまでに無い製品となっております。

◆こだわりポイント
碾茶くき・・・一般的には抹茶で使用される碾茶ですが碾茶のくきをほうじ焙煎することで香りも増し、抽出時間の差を生むことで複数杯お楽しみいただけます。

1番ほうじ茶・・・焙煎を深く煎ることで豊潤な香りを演出し、新鮮な茶葉のみを使用することで雑味無く爽やかな味わいとなります。

来週中には販売開始する予定です。