コーヒー「豆」の驚くべきパワーとは?!

  • 配信日: 2021-04-18 11:58:31
コーヒー「豆」を追究するLab Signal代表の加藤です。
本メルマガでは
改めて、私がコーヒー「豆」に着目した理由と皆様方はじめ家族やお子様にも是非ご活用いただければと願っております。

【コーヒー「豆」の持つ豊富な比類なきパワー】
主な成分:コーヒー『豆』由来成分
『①クロロゲン酸類、②カフェイン、③トリゴネリン』

薬理作用:抗酸化作用、抗炎症作用、向精神作用、糖吸収抑制、糖新生抑制、細胞保護作用
作用体内部位:肝機能、腸内環境、脳神経、血管力
病への作用:肝硬変、糖尿尿、メタボ、痛風、C型肝炎、ガン予防、認知症、更年期、
パフォーマンス:運動パフォーマンス向上、ダイエット、記憶向上

注目すべき点は、コーヒー「豆」に含まれる『多部位』への作用です。
近年では、トクホ(特定保健用食品)、機能性食品などでも注目され
1つの植物から、健康作用や美容作用という贅沢かつ効率の良さが特徴です。

コーヒー豆の成分は、必須栄養ではありません。
しかし、カラダの根幹部分へアプローチすることが必須栄養素を取り入れる為にも
需要です。
つまり、泥水に綺麗な水を入れても薄まるだけであり、根本的な部分を改善していかなくてはなりません。
日々のケアが明日の未来を創ります。

肝機能、腸内環境改善、脳への刺激作用、血管をしなやかに、血液循環作用
生きるうえで、最重要とも言える部位への薬理作用が1杯のオーカーには含まれているのです。
添加物や化学合成物質を一切含まれていない天然の植物成分であることも重要です。

近年において世界中で急増する病や死因を考察すると、主な原因として日々の食事や飲料、ストレスや腸内環境の変化が大きく関与しています。
経済成長と共に食品飲料産業は発展していく中で、食材への根本的な栽培産業化や食品期限の延長化。家畜へのホルモン剤や抗生物質にて薬漬けなど。

その結果、過度な化学的合成物質が体内へと多く摂取されることが肝機能の酷使と負担に繋がり、体内機能低下や人間の常在菌の生態系をも変化してしまってるのです。

昨今の疫病においても、疫病と戦う体内常在菌は70%が腸内に生存し
つまりは、腸内環境が著しく低下していけば薬を飲んだところで、日々の感染リスクは高まる一方という事です。
その場しのぎの処方ではなく、根本的な日々のケアがとても重要なのです。

コーヒー豆の豊富な健康成分を新たな健康飲料『オーカー』として
皆様にご愛飲して頂きたいのは、改めてコーヒー豆の素晴らしさを知ってほしいという理由だけではなく、飲んでくださる世界中の皆様の強力なサポート飲料となることを確信しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こちらの白いコーヒー豆飲料「O CHER/オーカー」
メルマガはSignal株式会社代表のカトウタクマが
配信しております。

◆公式ウェブサイト:
https://lab-signal.com/researcher/

◆Instagram:
https://www.instagram.com/kato.t/?hl=ja

◆Facebook:
https://www.facebook.com/labsignal
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------
白いコーヒー豆飲料【O CHER/オーカー】販売サイト
https://tsuku2.jp/signal
---------------------------------------------------------