出会いの場所 ”ティムカット”

  • 配信日: 2021-01-20 17:35:36
Ethiopian Coffee House 店長のダウィットです。
ゲンナから12日後の昨日からティムカットが始りました。
https://www.ethiosports.com/2019/01/18/ketera-eve-of-epiphany-celebrated-in-ethiopia/

昨日はイヴで本日はメインイベントの日です。

ティムカットはエチオピア正教(エチオピアに古くからある伝統的な宗教)の間でお祝いされる壮大な宗教祭の一つです。

この日、タボットと呼ばれる聖櫃が地方では川の近くへ、首都では特別な洗礼場所(プールの様な所で)へと司祭をはじめ人々により行列をなして運ばれます。

ティムカットはエチオピアの収穫期が終わった後に始まり、農業の仕事を一旦休め、友人を訪ねたりしながらお祭りの準備を始めていきます。

まずは洋服の準備です。

Le Timiket yalihone Kemis Yibetates(Amharic)
レ ティムカット ヤルホナ カミス イベタテス
“When you didn’t wear your special dress on the occasion of the epiphany, It’s like chop down.”

この言葉は「適切な時に使わないと意味がない」 という意味で日常的にも使われますが、

「ティムカットに特別な装いで来ないなんて、(そんな特別感のない服なんて)切り裂いてもいいんだよ」と言われるほど、

大人は、シャンマと呼ばれる白い綿のローブを新しく新調するか、丁寧に洗い純白に戻す準備をします。

さらには、タッラと呼ばれる特別なビールを醸造し、パンを焼き、ティムカットの饗宴に備えて羊を屠殺します。


ティムカットは、将来の結婚相手を探そうとしている若い男性と女性のためにある、文化的な交際の日の機会です。
若い男性が将来のパートナーを示すのに、気になった女の子に向けてレモンをほうり投げる特別な式典が開かれます。
レモンを受け取った女性はそこから男性との関係が始まります。

なぜ、レモンなのか?
この時期レモンはエチオピアでたくさん採れるタイミングです。
女の子がよく持って食べていることから、女の子が好きなものと認識され、女の子の好きなものをあげるところから来ているとか?

収穫という大変な仕事が終わった後にリラックスできる時間で結婚相手を見つける機会なんですね。

若い男女のみならず、この日は宗教を越えて国が一つになる期間でもあります。
イスラム教徒であろうが関係なく、エチオピア正教会の行事を一緒にみんなでお祝いする光景があちこちで見られるのです。

内政でもゴチャゴチャとあるエチオピアですが、この時ばかりは、一旦忘れて上を見上げピースフルな気持ちになります。

忍耐が大事であるとアビー首相は言いました。
このご時世もあって心に響く言葉でした。
大変な状況は続きますが、僕も頑張っていきます!



【What’s New】
定期便の内容が少し変更になりました!
定番コーヒーをお選び頂くことから、
当店ラインナップ3種類の中から順番にお届けします。
詳細は下記をご覧頂けますと幸いです。

(▽まずはこちらをご覧下さい)
【動画】定期便 内容紹介 エチオピアコーヒーツアーコース
 https://youtu.be/q1CcJzGT0cM

(▽商品について)
https://ecsp.tsuku2.jp/viewDetail.php?itemCd=52620522312300



【次回のコーヒーセレモニー体験】
現在の状況を鑑みてお休みしております。



【イベント情報】
▽2021年5月1日〜5月4日催行
《エチオピア出身のダウィット・ギルマさんと共に訪ねる「宮出珈琲園」 徳之島で農業体験 4日間》
有難いことに国内のコーヒー農園ツアーのお話を頂き企画が決定いたしました!
コーヒー発祥の地エチオピアのコーヒー栽培でもよく知られる「セミフォレスト農法」でオーガニックコーヒーの生産に取り組まれている宮出珈琲園さんへ訪問します。
コーヒーの収穫体験が日本でできますよ!!

詳細・お申込みはこちらをご覧下さい♪
 ↓ ↓ ↓
https://bit.ly/3o9lFVS

— Ethiopian Coffee House —