エチオピアのお正月

  • 配信日: 2020-09-11 08:24:31.741271
*Melkam Addis Amet メルカム アディス アメットゥ*
 (Happy New Year!!)

Ethiopian Coffee House 店長のダウィットです。
エチオピアは本日新年を迎えました。


知らない方も多いと思いますが、エチオピアは1年が13ヶ月間あります。
1月から12月まで30日間ずつに分けられ13月は5か6日間だけとなります。

エチオピアはアフリカの中で独立を守った国でもあり、
独自の文化、言語、暦があります。

この暦からするとエチオピアの新年は9月11日、2013年になりました。
今日は母国のお正月の話をしたいと思います。


13月の5〜6日間はあまり外に出ずにゆっくりお家で過ごします。
人間として1年の振り返りをおこない、人に謝ったり行動を改める時期でもあります。

僕は20代の頃、ケンカした友達に電話で謝ったりしました。
お正月に絶対悪い事を持っていかないようにやるものです。

お正月になったら、朝から夜まで親戚など関係のある人たちを訪ねていってお祝いの食事をします。

子どもの頃は、一番大変な日です(!)。食べ過ぎてお腹が痛くなります。。

楽しいことは、家族はヒツジかヤギを1頭買ってきて家で捌きフレッシュな状態で料理をします。
その料理した肉を食べるのが幸せです。

ちなみに大晦日の夜、男性たちは火をつけて祭りをやります。歌いながら火の回りを踊ります。

子どもたち(男の子)は朝、お正月の絵を描いて周りの人たちにプレゼントします。
僕もお花とかエンジェルを描きました。
それをプレゼントすると、甘くて美味しいパンかお金がもらえます。

女の子たちは、伝統的な服を着てドラムを持って
「アベバ ヨホシュ レムレム・・・ (雨止んで明るくなって花咲いて良い一日になりました 周りも緑になりました )♪」
という歌を歌いながら近所をまわります。
それをすると、甘くて美味しいパンかお金がもらえます。

この時期の子どもたちはお金持ち。日本のお年玉みたいですね。
https://youtu.be/9fG53FVGW0k (アベバ ヨホシュ レムレムの音楽)

小さな子どもたちがしっかり練習してお祝いの歌を届けてくれます。
子どもから祝福の歌を頂くと気持ちが暖かくなります。
家族や周りの人たちとの繋がりも強くなっていくのです。

つづく。。。

>>>続きは次回に>>>



【What’s New】

先日エチオピアからコンテナでもってきた新豆が届きました。
コロナの影響で遅れに遅れ、ヒヤヒヤしましたが無事に入港、通関も切れました。
先に空輸で少量持ってきていたものがなくなるところだったので間に合って良かった。。
輸入についてもまたどこかでお話できたらと思います!


【イベント情報】

▽9/21(祝月)開催《エチオピアの伝統的なコーヒーセレモニー体験》参加申込受付中!
 エチオピアへの理解も深まる体験型イベント。少人数開催、毎月恒例の当店人気コンテンツです。
 紹介動画も是非ご覧下さい♪
 ↓ ↓ ↓
https://ethiopiancoffeeceremony2020september.peatix.com/


▽9/26(土)開催《コーヒー生産国LIVEツアー(エチオピア編)》
 UCCコーヒーアカデミーの特別セミナーにお招き頂き、講師としてダウィットが登壇。
 当店仕入先の農家・カフェと中継を繋いで現地の様子を体感できるオンラインセミナーです。
 バーチャルコーヒーツアーを通してエチオピアへ行った気分を味わえるかもしれませんよ?!
 ↓ ↓ ↓
https://bit.ly/2Z6yS87