言葉に出すことの大切さ(担当:山中)

  • 配信日: 2021-08-10 16:44:29
こんにちは!資明堂スタッフの山中です。

私事ですが、先月無事出産しました!
予定日より2日早い出産でしたが、
私にとっても家族にとっても本当にベストなタイミングでした。

出産も本当にスムースでしたし、
たくさんのことを感じながら、大満喫できました。
産み終えた瞬間、出た言葉は、「楽しかったー!!」でした(笑)

私がベストなタイミングで、自分の思い描いた出産ができたのは、
日々「どんな出産がしたいか」を言葉にしていたのが大きいと感じています。


7月29日に配信した、森本直樹のちょっと聞いてってを見て、
やっぱり言葉にすることが大切で、そうすることで願いは叶うんだ!と確信しました。

その動画はこちら
https://vimeo.com/579251221


自分の想いや願いを言葉に出したり、
文字に起こしたり、アウトプットすることは
自分以外の人へ考えていることを伝えることができ、
そして、自分だけの力でなく周りの力も借りることができるという良いことがあります。
1人では成しえなかったことが、周りの力によって達成できるということはよくありますよね。


先日終わったオリンピックでの選手たちの言葉の中にも
「支えてくださった方々に感謝したい」
という言葉は必ずと言っていいほど聞きました。


私たちは1人では生きていけないですし、
周りの人たちに支えられているのはオリンピック選手だけではないはずです。
私たちも誰かを支え、支えられて生きています。

そんな中で、「言葉にして伝える」ということが重要ですね。

「言わなくても分かるでしょ」
「態度で察してよ」

よく聴く言葉ではありますが、私も相手もエスパーではありません(笑)
言葉で伝えることで、誤解も生まれづらくなるし、明確に伝わる。
そのことでコミュニケーションがうまくいき、
何を求めているか、どうしたいか、
どんなヘルプが必要なのか、自分がどう動くのがいいのか、
そこから始まる行動も変わってきます。

私自身、出産という人生のビッグイベントで言葉にすることの大切さを痛感していますし、
産後の生活、特に家族との関わりの中で、言葉にして伝えることが、
コミュニケーションエラーを起こすことが少なくなっていると感じます。

周りの友人からのサポートも、サポートしてほしいことを
具体的に伝えることによって、お互いが氣持ち良く過ごすことができています。



ただ、言葉にすればいいだけ。



こんなこと言っても無理だろうな…
こんな無茶なお願い聞いてくれる人なんていない…

そんな風に思うこともあるかもしれません。
しかし、それは言葉にして伝えてみないと分からないことです!

そして、相手がどう受け取るかはコントロールできないこと。
自分ができることは、
「発する言葉にどれだけ情熱や想いを乗せれるかどうか」
だと私は思っています。


想いを乗せて言葉にして伝え、
周りから支えられていること、
自分自身も誰かを支えながら生きていること、
そんなことを感じながら豊かな日々を過ごしましょう♡


今日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。