とほかみえみため

  • 配信日: 2020-11-13 18:43:00
「いい加減」と「中今」を大事にする
クリボー奏者のいんでんみえです‼
(↑この枕詞については
メルマガ1話をご参照ください)

去る11月8日(日)に
クリスタルボウルのイベントを
開催いたしました。
ご参加くださったみなさま、
ありがとうございました~!

イベントは
「こえ」と「おと」という名前で
朗読など声を使ったパートと
クリスタルボウル演奏のパートの
二部構成になっています。

今回「こえ」のパートでは
『古事記』序文と創世記のさわりを朗読し
そのあとに「とほかみえみため」を
40回お唱えしました。

「とほかみえみため」という言葉は
ご存じですか?

神道の拝詞のひとつなのですが、
実は私も今年知ったばかり。

「とほかみえみため」を紹介した本(*)には
「神につながる究極のことだま」とあり、
歴代の天皇陛下が、毎日40回唱えている
とても大切な御言葉なのだとか~~。

「とほかみ」には先祖神である
遠津御祖神(とおつみおやのかみ)と
十(とお)の神(かみ)の二つの意味が、
「えみため」には
「微笑んでください」と
「感謝しています」という
意味があるのだと説明されています。

つまり、先祖から宇宙の根元神までの
全てを含む全宇宙を完全に肯定する言葉が
「とほかみえみため」であり、
神につながる最強の言葉である、と。

唱えてみたくなりません?

私は「とほかみえみため」を知ってから
毎日唱えるようになりました。

そして、イベントではこの
「とほかみえみため」を40回唱えたあと
ご先祖さまへの感謝の言葉を添えました。

それは、毎日唱えている中で
自然と口をついて生まれてきた言葉で、
「とほかみえみための詩」と呼んでいます。

~*~*~*~

私は今ここにいます
私は今ここにいます
私は今ここにひとりでいるのではありません

おとうさん
おかあさん
あなたがたが生まれて、生きて
出会って、愛し合って
私を生んで、産み育ててくれたから
私は今ここにいます
ありがとう

おとうさんのおとうさん
私のおじいちゃん
おとうさんのおかあさん
私のおばあちゃん
おかあさんのおとうさん
私のおじいちゃん
おかあさんのおかあさん
私のおばあちゃん

おじいちゃん、おばあちゃんが
生まれて、生きて
出会って、愛し合って
おとうさん、おかあさんを生んで
産み育ててくれたから
私は今ここにいます
ありがとう

おとうさんのおとうさんのおとうさん
私のひいおじいちゃん
おとうさんのおとうさんのおかあさん
私のひいおばあちゃん
おとうさんのおかあさんのおとうさん
私のひいおじいちゃん
おとうさんのおかあさんのおかあさん
私のひいおばあちゃん

おかあさんのおとうさんのおとうさん
私のひいおじいちゃん
おかあさんのおとうさんのおかあさん
私のひいおばあちゃん
おかあさんのおかあさんのおとうさん
私のひいおじいちゃん
おかあさんのおかあさんのおかあさん
私のひいおばあちゃん

ひいおじいちゃんとひいおばあちゃんが
生まれて、生きて
出会って、愛し合って
おじいちゃん、おばあちゃんを生んで
産み育ててくれたから
私は今ここにいます
ありがとう

私は今ここにいます
そして私はひとりで
ここにいるのではありません

おとうさん、おかあさん
おじいちゃん、おばあちゃん、
ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん
その前のおとうさん、おかあさん
そのまた前のおとうさん、おかあさん
私のご先祖さま
会ったことのないご先祖さまたちが
それぞれの時代に生まれて、生きて
出会って、いのちを紡いでくれたから
いのちのリレーのその先に
私は今ここにいます
ありがとう

私は今ここにいます
私はひとりでここにいるのではありません
私は、私の体の中には
ご先祖様ぜんぶが含まれている
私のDNAの中には
ご先祖様ぜんぶのいのちが
受け継がれている

そしてご先祖さまは
いつでも、どこでも
私が気づくとも気づかなくとも
いつ、いかなるときも
私を、私たちを見守り
愛してくれています

ありがとう
ありがとう

私は今ここにいます
私を今ここにいさせてくれて
本当にありがとう

~*~*~*~

こんな詩ともいえない
拙い言葉の羅列ですが
声に乗せると
想いも一緒に届くようで
「癒された」「感動した」
といううれしい感想も頂戴しました。

メルマガの1話にも書いたのですが、
クリスタルボウルは
ただ所有するのではなく
多くの人に聴いてもらってはじめて
その存在が生かされるものだよ、と
ボウルの製作者に教えられ、
去年9月から人前で弾き始めました。

風が吹いていても
風は目には見えません
流れる雲
散る木々の葉
揺れる花々があって
はじめてそこに
風が吹いているのだとわかるように

「こえ」と「おと」も
聴いてくれる人がいて
受け止めてくれる人がいて
はじめてそれは生きるのだなと
今回のイベントを通して
人に聴いてもらうことの大切さを
改めて私自身が気づかされました。

これからもっと演奏する機会を
増やしていきますね。

イベント情報は
メルマガでお知らせしますので
クリスタルボウルに関心のある方に
メルマガのご登録を勧めていただけたら
うれしいです。
https://home.tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000107024

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

(*)「とほかみえみため」については
以下の書籍から引用させていただきました。

『とほかみえみため
~神につながる究極のことだま~』
大野靖志著 和器出版株式会社