免疫を上げる

  • 配信日: 2020-07-09 10:13:10
おはようございます。
アロマケアサロンフロール早川です。



各地で大雨による被害が相次いでいます。

被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。

今後も大雨が続くようですので、くれぐれも気を付けてくださいね!



今日は「免疫を上げる」ことについて。

「腸もみ」することによって良くなることの1つに「免疫が上がる」ことがあります。では免疫ってなんでしょう?

免疫力とは病気から免れる力

ウイルスや細菌などの異物の侵入を防ぐ力です。


免疫力は加齢やストレス、生活習慣などにより低下していきます。


免疫力を維持するために大切なことは
「運動」
「腸によい食事」


「運動」の効果には体温を高めに保つ事があります。

体温が1℃下がると免疫力が30%下がるといわれます。

適度な軽い運動を毎日続ける事が免疫を上げることにもつながります。




「腸によい食事」とは、

発酵食品や食物繊維を摂る。

善玉菌を含む食べ物(糠着け、みそなどの発酵食品)と善玉菌の餌になる食べ物(根菜類、玉ねぎ、大豆製品、キノコ、海藻類)を積極的に摂る。

抗酸化作用の強い(人参、かぼちゃ、小松菜)などを摂る。

ミネラルを多く含む(玄米、海藻、ごま、魚介類)を摂る。



できたらお野菜やお米は「生きた力」のある農薬、肥料を使わない「自然栽培」のものを摂りたいものです。

現在ではスーパーなどではなかなか手に入れることが出来ない「自然栽培」のお野菜ですが、みんなが「自然栽培」を望むことで、「自然栽培」に向かわれる農家さんも増えていくことと思います。



腸内環境を整えるための食物を摂ることで、腸内の善玉菌が増え、免疫システムが正常に働き感染症などの病気に対する抵抗力がアップします。


そのほか便秘や肌荒れの改善、生活習慣病の予防にもなります。


腸はしあわせホルモンと呼ばれるセロトニンや、やる気を高めるドーパミンを作るので腸内環境が整うとメンタルも安定してきます。



適度な「運動」と「腸によい食事」

を摂ることで、病気を寄せ付けない笑顔で健康な毎日を送りたいものです。