貯金しているようで、お金は実は減っている。

  • 配信日: 2020-12-19 18:35:34
こんばんは。

皆さんのみならず、日本人の多くの方は実に貯金が好きだと思います。

私たちが持っている金融資産の実に半分以上を、現金・預金等が占めていることは、海外の他の国から見ても珍しいことです。

銀行にしっかり預けているから安心、と思っている方もいらっしゃるでしょうが、果たしてそうなのでしょうか?

現在日本は物価上昇が上昇し続けるインフレ経済であり、これからもしれは続きます。

500万円の車を買おうと思って貯金をしていても、買おうとした際には550万円になっていた、ということになる可能性は十分にあります。

つまりは同じ金額のお金があっても、その価値は年々下がり続けているということです。

現在は銀行に金利も0.001%と100万円を1年預けても10円の利息しかつきません。

日本は年間2%の物価上昇を目指していますが、これが実現したらどうなるか。

100万円のお金は10年後には20%近く、20年後には30%以上も価値が目減りしてしまいます。

これに遅行できるだけの利回りのところに、お金を預けておく必要があるのです。




https://zuuonline.com/archives/220860