収入が少なくても貯蓄する方法。

  • 配信日: 2020-11-26 13:31:22
こんにちは。


金融広報中央委員会が発表している「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)(2019年)」によると、手取り収入から貯蓄に回している割合は、20代で平均10%、30代で11%となっています。

毎月20万円の収入であれば2万円、30万円の収入であれば、毎月3万円が貯蓄できている計算になりますが、果たして皆様いかがでしょう?

緊急や思いがけないな支出というのは誰にでもあることですので、必ず毎月できるとは限りません。

確実に行うためには身の回りの支出で見直せるものがないかを考える必要がございます。

だからと言って、趣味や娯楽費を削ってしますと、その後のストレスがとんでもないことになりますので、基本的な支出で削れるものはないかを考えることが大切です。

身の回りを見てみると、実は結構なものが、削減できることに気付きます。

携帯電話や火災保険はもちろん、クレジットカードの年会費やちょっとした買い物先の変更等、こちらの記事にも結構な項目が上がっています。

まずはじっくりと、身近なところを見直してみるのも良いかもしれませんね。

あとは、収入から先に貯蓄分を先ひく「先取り貯蓄」。

自動的に貯まる仕組みを考えることも、非常に有益かと思われます。


https://allabout.co.jp/gm/gc/477783/