気づいた時が、何事も最良の時である。

  • 配信日: 2020-11-22 18:23:44
こんばんは。

某企業による20代男女に対する貯金・資産運用に関する調査で、昨年よりも資産運用を行なっている男女が増えていることが分かりました。

昨年の年金不足問題や、今年の不景気を考慮して、将来について考える人が増えているのは喜ばしいことです。

投資の種類もいろいろありますが、やはり若い世代にお勧めしたいのは毎月決まった金額を積み立てる「積立投資」。

決まった金額で株やファンドなどの値動きするものを購入することで、単価が高い時は少量に抑え、逆に低い時はより多くの口数を購入することができる、「ドルコスト平均法」と言う手法を導入することが良いでしょう。

毎月の購入金額は少なくても、長期間積み立てることで、「複利」の力で資産は雪だるま式に増えていきます。

仮に毎月3万円の積み立てでも、年利6%であれば、25年で900万円が2000万円以上に膨れ上がることだって可能なのです。

銀行預金であれば、900万円は900.1万円と、1000円しか増えません。(年利0.001%での場合。)

やはり将来を見据えて、お金にも働いてもらった方が良いですよね。

やってはいけないのは、FXや仮想通貨といった、「投機」的な投資。

こちらは誰かが勝てば、誰かが負けるといった、「ギャンブル」の側面が非常に強いです。

経済の成長に伴い誰もが豊かになれるように、お金を投じる手段についても、よく考えていきたいですね。



https://woman.mynavi.jp/article/201020-12