お金のブロック(1)

  • 配信日: 2020-07-13 13:47:43
コロナ禍の折、皆様いかがお過ごしですか?
ボイスリーディング を受けてくださった方々そしてプチリーディングを経験してくださった皆様、その後は如何でしょうか?

このメルマガを通して様々なこと、ボイスリーディングの事琵琶の事そして日々感じた事などを綴って行きたいと思います。

まず第一弾として「お金のブロック」の事をお話ししたいと思います。少々長くなるので2部3部になるやも知れません。
琵琶を生業として30年良い時もそうでないことも沢山ありましたが、やはりお金に関しては苦労ばかりでした。

昨年(2019)は特に酷くて、年明けから一体なにが起きたのか?ことごとく仕事がありませんでした。ライブを企画するも入って来る金額は僅かな上、右から左という始末。
5月になり半年間家賃は払えず(お恥ずかしながら)ドアスコープから覗き上に住む大家さんが降りてこないのを確かめて出て行くこともしばしば。
とは言え小さなマンションですから一階に降りた時とうとうバッタリ会ってしまい「すみませんお家賃遅れてまして」とおずおず申し上げると「黒田さんは大丈夫ですよ、信頼してますから」とニコニコ対応にホッとするも次の日御手紙が。
流石に半年溜めた家賃に大家さんもびっくりされたらしく保証人の
弟に御手紙が届く。そして姉になにを言われても開き直るしかなく現状を白状しました。

なんとか措置を取って貰い一先ず落ち着いたもののまだ残りのお家賃を払わなければ。ライブやボイスリーディング も仕掛けはするけど中々上手く運ばず。
折良く9月に滋賀県の仕事が入った。
この仕事に乗せて関西方面にボイスリーディング を仕掛けてみようと計画。
まだ認知度は低くそれでも気の良い知り合いが「少ないかも知れないけど興味あるから良いよ」と快く引き受けてはくれたものの中々人数は集まらない。

大阪、名古屋、岐阜と計画した。
一箇所に2〜3人というところでしょう。動く旅費さえ出ればそれで良しとしようと。

その間も経済は逼迫中!家には米はなく乾物の麺類やそのほかも全て食べ尽くし塩までも無くなる勢いです。
身も心も疲弊してしまい、これではダメだと初めてスーパーでカードを使い食料を買い込みました。
米、塩、野菜、お肉、卵を買い少しのお菓子も買いました。

疲弊した心も少しは軽くなり「ごはん炊いてちゃんと料理して元気だそう」と喜び勇んで四谷三丁目の交差点を渡るとき見事に転倒!
買ったばかりの卵は割れ袋から飛び出た物は散乱し痛さにしばらく起きあがれませんでした。
信号は青になり車が動き出す直前に誰かが起こしてくれ袋を拾ってくれましがなにが起きたのか分からず茫然とする私。
助けてくださった方にお礼を言い交差点の歩道に座り込みました。右膝の痛みにやっと我に返りました。

幸い立ってみると骨も折れてなく右膝には直径5センチほどの擦り傷だけでした。
トボトボと家に帰り10個の卵のうち8個も割れ袋の中は卵まみれ、買ったものを一つずつ洗いながら心が空っぽになって行くような気がしました。
その夜ちょっとした腕の角度で左肩が脱臼し「ぎゃ〜!」無我夢中でどうやったのかゴキッと音を立て元に戻ったようです。
戻ったもののこんな痛みは初めて!骨も折ったこと無くて出産もしたこと無いのでこの痛みは人生最大級でした。
痛みなのか情けないのかその夜は涙が止まらず泣き寝入りです。

お金もなく医者にも行けずじっと耐えるしかありませんでした。

こんな時でも笑ってた気がします。この話をすると「そんなに悲惨だったの?判らなかった〜」とよく言われます。
今思えば母親のお陰では無いかと思います。小さい頃夕食のときはいつも大笑いの食卓でした。
決して楽な人生では無かったと思いますが近所の変なおじさんの話、昔のおかしなおばさんの話など話題は尽きずわたし達は食卓に食べた物を吹き出さないように努力するので必至でした。どんなに悲惨で大変でも面白い事は笑うんです可笑しな事は笑って良いんです。

今回はこの辺で、まだお金のブロックにまで行ってませんがこれからどういう事が起きるのか乞うご期待です!!