体調が悪い時の過ごし方

  • 配信日: 2021-09-09 10:21:21
本当に久しぶりのメルマガ配信になりました。
子供たちとの夏休み。一緒に貯金箱作ったり、科学実験したり・・・・。何やかんやとしていたら、あっという間に8月が終わってしまったそらです。
そして、今回もいつもと違うスタートになった2学期。
我が家の子供たちは、少々(!?)文句言いつつも、元気に学校に行ってくれています。
早くみんながそろう、学校生活がスタートできるといいですね。


さて、今日は体調が悪くなりそうな時や悪くなった時の過ごし方について、ちょっと書きますね。

広島県も緊急事態宣言が延長される予定になり、連日の報道。
『自分は大丈夫かな?』『家族は大丈夫かな?』『体調崩したらどうしよう』と、不安に思われている方もいらっしゃるかと思います。

体調が悪くなりそうになったとき、悪くなったとき、まずすることは
『食べないこと!!』そして『睡眠をしっかりとること!!』です。
東洋医学では、胃腸は、消化吸収と免疫をつかさどっています。
つまり、食べず胃腸が消化吸収に力を使わなければ、自然に免疫力が高まるというわけです。

この方法。本当にてきめんに、病気を悪化させずすっと自分の力で体を治してくれます。
そらも以前は、子供が体調を崩すと、少しでも食べさせないといけないと思い、プリンやヨーグルトなど食べれるもの食べさせていました。
しかし、東洋医学を学び、この方法を知ってからわかったこと。
子どもは、体調が悪くなる少し前から、食べなくなる(甘いものなどは別ですけどね。)
そして、この時から消化のいいものを食べさせていると、体調を崩さない。です。

ちなみに、体調が悪い時に食べてはダメなもの。
・生もの ・冷たいもの ・納豆などネバネバしたもの ・肉 ・麺 ・酒 ・乳製品 ・辛いもの ・臭いのあるもの
だそうです。
そこで考えると、消化に良いもので一番良い食べ物は、おかゆです!

ひょっとしたら、良かれと思ってやっていることも、実は治りを遅くしていることも多いかもしれません。
ちょっと振り返り、みなさんが元気に過ごせますように!。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
9/10は鍼灸往診日となります。
・季節の変わり目、体調を整えておこう! 
・ちょっと体調を崩し気味。
・体調が中々治らない 
・予防接種の副反応の軽減に などなど・・・。
色々な症状に対応してくださいます。
当日予約でも大丈夫ですよ。
気になる方は、相談室にお電話くださいね。

それでは、皆さんが元気に楽しく過ごせますように!!