キッチン蒸留®︎におすすめハーブ"ベスト10 ! 9位は「コリアンダー」

  • 配信日: 2020-04-15 17:41:47.944497
こんにちは。

健・幸・美のヒントをお届けする
『(株)植物蒸留らぼ.DD』 です。


(過去のメルマガは、下記にて公開しています。
https://home.tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000100953)



人類誕生から、衣食住の全てにわたって
私たち人間がその恩恵を受けている植物。

香り豊かで、暮らしに役立つ様々な効果効能を持っている植物が
ハーブです。

ハーブは、私たちが推奨するキッチン蒸留®︎でも
その威力を発揮します。

キッチン蒸留®︎におすすめハーブベスト10を 使い方とともに、
カウントダウン形式で順番に紹介しています。

第9位は「コリアンダー」



独特の強い香りを持つコリアンダーは
10位のフェンネルと同じセリ科。

セリ科に特有の清涼感のある青い香りが印象的なハーブで、
ものすごくインパクトのある香りです。

パクチー、シャンツァイ(香草)といったほうが
想像しやすいでしょうか。

好き嫌いがはっきりと分かれますが、
一度ハマってしまうとパクチー無しにはいられなくなるほどの
魅惑的なハーブです。

タイ料理、ベトナム料理には欠かせないハーブと言われていますが、
日本にも専門店ができたり、コアなファンがいたりと、
人気が高まっていますね。

中近東ではひき肉料理や卵料理、
豆を煮込むときなどによく使われるそうです。

また、欧米ではピクルスやマリネのスパイスとしても人気です。

これらの場合はフレッシュな葉ではなく、
ホール(コリアンダーシード)やパウダーを使います。

我が家でもカレーを作るときには コリアンダーの
パウダーやホールは欠かせませんし、
テッパンレシピのエスニック風春雨サラダを作るときには
ナンプラーとともにコリアンダーは必須です。

ピクルスを漬け込む際にはコリアンダーシードも多用します。

また、カレーやスープにフレッシュリーフをふんだんにのせる
食べ方はパクチー好きにはたまりませんね。

お店で、メニューにパクチーを追加する”追いパク”という言葉も
よく聞くようになりました。

フレッシュな葉はスーパーでもよく見かけ、
比較的手に入りやすいですが、
プランターで簡単に栽培できるので、
ご自宅で育てられてもよいかもしれません。

ほんの少し欲しい時に重宝しますよ。

効能としては、 消化促進作用がよく知られていますね。

コリアンダーホール、コリアンダーパウダーなども
売られていますが、
キッチン蒸留®︎では、
一番手に入りやすいフレッシュな葉と茎を使います。


キッチン蒸留でパクチーの香りを取り出す時は、
忘れずに根っこの部分も入れましょう。

30分蒸留したあとにとれる ATRウォーターの香りは、
なんとも食欲をそそる香りです。


しんなりした葉と茎(アフターATRです)は捨てないでくださいね。

みじん切りにして、ひき肉に混ぜ込んでハンバーグの具にしたり、
いかやエビと一緒にフードプロセッサーにかけてナゲットにすると
とても美味しいですよ。

ATRストックは、風味豊かな美味しいスープのベースになります。

このストックに追いパクすると、
パクチストにも大満足のスープになりますよ。
(ウォーターとフレッシュハーブともに追加がおすすめ)



もちろん抗酸化成分もたっぷりです。

また、コリアンダーのATRウォーターは、
水に大さじ1程度入れてぜひ飲料水として飲んでください。

海外では、便秘解消として飲まれていた歴史があるそうです。

レシピは、 水500mlにコリアンダーのATRウォーターを
15ml加えて、 それを半日で飲みきるという方法です。

万が一便秘気味で日頃からお薬に頼ってしまって
いらっしゃるようでしたら、
コリアンダーウォーターでの便秘対策を
はじめられてもいいかもしれませんね。