子どもの才能は光の当て方で変わる

  • 配信日: 2020-07-10 17:57:17
【漢字0点・小中学校で通級に通っていた高1男子の素晴らしい小論文】

読者の方の多くは、多かれ少なかれ、このようなお子さんのお悩みを抱えているのではないでしょうか?

国語の教科書の、

・文字を追うことができない
・板書ができない
・漢字は全く覚えられない
・作文がほとんど書けず、楽しかったですという幼稚な文章しか書けない
・テスト順位は、下から10番目前後

そんな男の子が、国語塾に通ってから約半年で、すばらしい小論文を書き上げてくれました。
私も、ここまでできる才能を彼が持っていることに、胸が熱くなりました。

その詳細を、こちらのブログで掲載しています。
ぜひご一読下さい。

漢字0点・通級に通っていた高1男子の書いた素晴らしい小論文紹介
https://kodomodesign.or.jp/archives/5252

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【不思議なめぐり合わせ・皆様の声が形に】

さて、この国語塾の試みですが、来年2月頃を目途に(前後する可能性があります)、なんと出版される運びとなりました。

食事や腸内細菌と、脳の働き方との関わりを中心に、思考メソッドと、それを用いた文章作成の実例をまとめる予定です。

ここまで来られたのも、皆様のお声があってこそ。
コラム内には皆様から頂いたお声なども、ちょこちょこ掲載する予定になっています。
今からでも間に合いますので、お声など、ぜひお寄せくださいね。

しかしながら、このご時世の中、自費ではなく、出版社様からご出版いただけるとのこと、大変ありがたいご縁だと思います。
その素晴らしいご縁をつないで下さったのは、

「けい先生、本出しません~♡?」

とお声をかけて下さった小森玲子さん。

車の運転技術の本を多数出版し、現在は、
「CBD(カンナビジオール)アドバイザー」と、知る人ぞ知る「出版プロデューサー」
という2つの顔を持つ男の子のママです。

もともとは私の講座を受講して下さったことがきっかけなのですが…
元バイクの走り屋だった私と、車の走り屋だった玲子さんは、

「この人は信頼できる」

という空気をお互いにすぐ感じたのだと思います。
言葉にできない部分で意気投合しました。
 ※走り屋は暴走族ではありません

紆余曲折あった人生が、こんなところで役立つとは…

~子どもが成長するに連れ、色々と心配ごとも出てくると思いますし、心配のない行動をしてくれるに越したことはないのですが、こうしたご縁を思うにつけ、お子さんがちょっと道を外していても、必ずしも悪いことばかりではない・・・と少しは不安を払拭できる材料になってくれたらなとも思います。~

尚、出版することが決まった日が、亡き父の誕生日の7月3日。
この、7と3という数字は実は、私の人生の様々な局面で出てきます。
不思議なものですね。

この、小森さんですが、知れば知るほど、ものすごく優秀な方だな、というのがわかります。
とにかく
「腰は低いけど、硬派」
で、仕事だけでなく人としても信頼できます。

CBD=カンナビジオールの効用はすばらしく、杏林予防医学研究所の山田豊文先生もおすすめしています。
誤解がまだまだ多いようですが、精神疾患や皮膚疾患、心臓病やがんの痛みなど、実に多くの疾病や疾患にも効果があり、発達障害にも効果があるようだとのことで研究が進められています。

ご興味のある方は、ぜひ小森さんを頼ってみて下さいね!


CBDアドバイザー 小森玲子さんのHP
https://peraichi.com/landing_pages/view/silicapls

小森玲子さんの著書
https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E5%B0%8F%E6%A3%AE-%E7%8E%B2%E5%AD%90/s?rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E5%B0%8F%E6%A3%AE+%E7%8E%B2%E5%AD%90