ツイッターのつぶやき

  • 配信日: 2021-03-14 23:47:36
最近のツイッターでの内容を一部載せました。

量子場は年齢を問わないミステリースクールである。
自分も世界も意識の世界もミステリーに満ちているのに何故知ったかぶりしてやり過ごす?
私たち自身がミステリーだというのに。

ストレスに大いなる意志を持って向かう人達とストレスを避け逃げまどう人たち。
危険な山登りに向かう人達と、徹底して避ける人達、どちらも大変だが、量子場調整は前者である。
ただ意志ではなく意思、意識した思いを持って目の前の状況や自分自身を変えてゆく意識世界の冒険者である。

僅かな量子の変化、例えば正三角形を脳の中でイメージするのと逆三角形をイメージするのとでは、感じる感覚は逆だ。
その変化は僅かな違いではあるが感覚の前に場が観られる。これを量子の場と仮定した。
その変化を注意深く観る長い試み中でtheビジョンなる技術が完成した。誰しも驚くだろう。

特に男性は自分自身を犠牲にしても周りに貢献したい、立派な歯車になりたいと思う反面、より本来の自分自身でありたいと切に願う。
量子も世界の役に立ちたいと粒子になって姿を現し、次の瞬間には本来の波になって完全に姿を消す。
私たちと量子は似ている。
ただ瞬時とは行かないだけだ。

石と文明は仲が良い。
考古学の観点からは、人が意思を武器に使い始めた石器文明が始まりのようだが、その何千年も前からピラミッドがありアトランス文明の水晶、現在の磁石からの電気文明、コンピュータのシリコン石、最近では量子場を歯という石に記憶させ噛み合わせを劇的に一新する技術がある。

脳学者が何と言おうと脳の中を
意図したイメージ画像が発火するが如く移動していく。
その事でビジョンが現実のものになる。
そのビジョンは一度絵に描く必要があるが、その画像が鏡のような法を持って移動しているのである。

何と美しい幾何学か!誰にも教えたくないほどシンプルで美しい。

コロナを煽る嘘つきテレビや口達者な御用学者などが大層な理屈をつけていい気持ちで我々一般人に大層な迷惑をかけ続けている。
彼らは何に目が眩んでいるのか。
私たちの銀河の夜明けが如く、その量子の光に目が眩んで、いい気持ちでうっとりしているのとは違うようだ。

量子場調整で歯の噛み合わせを修正する場合歯だけではない。舌が内側から歯列を押し、唇や頬の表情が外側から歯列を引き寄せるその中間に歯列がある。
頬の筋系が表情、舌の感性が内蔵、歯列が骨格系と関係しこの3つを3位一体になるように施術しなければいつまでもイタチの追いかけごっこで終始する。

歯医者さんに歯そのものを処置してもらうのは良いが、噛み合わせを直すと削り続けるのは重大な誤りがある。
結局は脳も歯も身体も失う事になるだろう。
歯は顔の美しさや脳、身体に大きな関係があるが量子場を理解しなければ破壊のみである。
歯と量子場が互いに引き合っているのだから。

観察されるだけで、その振る舞いを観察者に合わせて変幻する量子。何とも愛らしいことか。
しかしこれだけではよくわからないだろう。
観察するものと観察される量子との間のダンス。
頭の硬い科学者は全く知らないだろう。私たち自身である意識と量子が共に手に手を取ったダンスが創造なのである。

歯科と量子力学の間に西洋医学を超えた可能性が潜んでいる。
歯の咬合は身体の中で唯一力学がある。
この二つは相性がいいだけではなく、医学の中心に居座るべきである。

物理は支配無くして成り立たないところ。逆に量子はとんでもなく広大な遊びの世界。だからここに完成度の高いルールが必要になるんだ。

歯の噛み合わせを追いかけて数十年、たどり着いたのは量子と意識が織りなす世界。
とんでもない世界がここにあった。
まさに宝の山だ。
しかしガイド無くして誰も気が付きまい。
歯の噛み合わせも量子も宝と危険が隣り合わせなのだ。