膣まわりのオイルマッサージについて

  • 配信日: 2020-09-12 17:35:28
お久しぶりです
いつもありがとうございます😊
C.darlingです。

 お陰様で、バタバタとした夏が終わり、秋らしくなってきましたね。
 今年は、少しでも明るい気分に…と、ジェルネイルをされるお客様もいらっしゃって、皆さまに喜んでいただけました。
誠にありがとうございました😊

 また、最近導入いたしました
韓方スチームセラピー(よもぎ蒸し)も人気です✨
 withコロナには、免疫力アップが不可欠です!
そのためにもぜひ、膣ケアを取り入れて下さい♡

・・・・

 さて今回は、
『膣まわりのオイルマッサージ』です。

 膣まわりをきれいに洗ったら、顔よりも先にしっかり保湿をし、今度は膣内をオイルマッサージをしてみましょう😊

 オイルマッサージをすることで、傷んだ膣の粘膜の修復をし、乾燥してシワシワになった膣に、ふっくらとした弾力やハリが生まれ、膣を柔らかくします。
 膣内の膣壁は、年齢とともに薄くなり、閉経時には、20代の半分くらいまでの厚さになってしまうそうです。
 当然、粘液の分泌量が減少し、潤いがなくなり、乾燥してしまいます。

 ぜひ、潤いを補うために、オイルマッサージを今日から取り入れて下さい!

 【膣のオイルマッサージ】
 オイルを手に取って、膣の外側に優しく擦り込むようにマッサージ。
 慣れてきたら、膣の中のマッサージです。
利き手の人差し指と中指に、オイルをまんべんなく塗り、その指を第二関節くらいまで、膣の中に入れます。
 指の腹部分を膣壁の粘膜に密着させ、指をぐるりと動かしながらオイルをなじませるようにマッサージします。

 痛みや不快感がある時は、無理せずに、できる範囲で進めます。
 毎日少しずつ繰り返し行うことで、硬くなった膣が、次第に柔らかくなるのです。

 
 日ごろ頑張っている自分への感謝を込めて、ケアをしましょう😊

 そしてもちろん、使って欲しいのは、デリケートゾーン専用の保湿アイテムです‼️
 デリケートゾーンは、他の場所の皮膚に比べて、吸収がよいので、ナチュラルで無添加なものがオススメです。

 オススメのオイルはこちら💁‍♀️✨
 
🔴産婦人科医と開発した商品です★
詳しくはこちらをご覧下さい ↓↓↓

https://ecsp.tsuku2.jp/viewDetail.php?t=3&Ino=000010246500&itemCd=44021004002911

⭐️特にVラインは黒ずんでいることがあります。日中、座りっぱなしの仕事の人は、お尻の下の部分が黒ずんでいたりします。
 こうした黒ずみは、生活習慣、食生活、女性ホルモンの乱れによる色素沈着、下着の摩擦やこすれなどによって生じます。


 参考文献
『潤うからだ』

植物療法士
森田 敦子 著

・・・・・

今回も、ありがとうございました😊
次回は、なぜオイルマッサージが必要なのか?です。
次回もお楽しみに♡


★お得なお知らせ★
 皆さまのツクツクマイページに【フレンド招待】機能があります。

そちらに記載されているURLをお友達にメールで送ったり、QRコードを読み取って頂き登録して頂くと、お互いに100円分のポイントがもらえる、得なキャンペーン♡

100人ご招待で10000円分のポイントが頂けます!!

 C.darlingでもお使いいただけますし、全国のツクツクショップ内でのお買い物にもご利用いただけます。

*****