『ゆだねの術(アート)を学ぶ』

  • 配信日: 2021-10-11 12:55:48
《朝刊:癒心伝心》

※人生の真の変化は
気づきから始まります。

「気づき」とは自分の
観念・信念の背後にある
世界観が広がることです。

このメルマガは、
気づきと変化のヒントに
なることを目指して、

魂の整体師、河野修一と
ご縁を戴いた方に、
毎日、お届けしています。

____________

2021年10月12日(火)
_____________


おはようございます。

新米が美味しい
季節になりましたね。

ここ数ヶ月、
一日一食をめざして
移行中の河野ですが、

その一食をとても
楽しみにしています。

最近友人から、
すばらしい取り組みを
されている米農家さんの
情報を得て、早速、
取り寄せてみました。

最高に美味しい幸せな
お米です。

少し値は張りますが、
皆さんにも紹介しますね。

▼佐藤農場魚沼産コシヒカリ
https://ec.tsuku2.jp/items/00002092121118-0001


さて人生には、本来、
「ベキ」も「ネバ」も
ないのですが、

今日はあえて、

「人生で真っ先に探求し、
学ぶべきこと」について、

OSHOの講話からお伝え
しますね。


===================

『ゆだねの術(アート)を学ぶ』

===================


身体から始める
という

簡単な原則を覚えて
おくように。


ベッドに横になる。


あなたは毎日
そうしているから、

何も特別なことは
必要ない。


そして
眠りが訪れる前に、

目を閉じて
エネルギーを足から
見つめはじめる。


そこから移動して、
ただ内側を見つめる。


どこかに
緊張はないだろうか?

脚、腿、
胃はどうだろう?

緊張はないだろうか?


もしどこかに緊張を
発見したら、

それをただ
リラックスさせようと
してごらん。


そして、

くつろぎが訪れたと
感じるまでは、

その箇所から
移動しないこと。


(中略)


毎晩、ベッドの中で
始めなさい。


すると、

数日の内にコツを
習得するだろう。


ひとたび秘密を知れば、

日中どんな時でも
リラックスできる。


それは
誰からも教わることの
できないものであり、

あなたは自分自身の
身体の内側を

探求しなければ
ならない。


そして、

くつろぎの達人になる
ことは、

この世で
一番すばらしい体験の
ひとつだ。


それは精神性への
偉大なる旅の始まり
となる。


なぜなら、

完全にゆだねの状態に
あるとき、

あなたはもはや
身体ではないからだ。


OSHO


    ☆


意識を向けたところに
エネルギーは流れます。


意識を向けるとは、

「愛を届ける」という
ことです。


存在や働きを認められた
筋肉や内臓は、

リラックスします。


普段、無意識に
緊張している部位を
特定し、

そこに意識を向ける。


するとそこは、
リラックスし始め、

正しい位置へと
「整体」されるのです。


こんな意識の働きを、
僕もゆっくり学んで
きました。


「意識整体」、
やってみてくださいね。


コツを掴むと、
ベッドだけでなく、

どこでも
できるようになります。


一生使える知的財産です。



===================

■お知らせ■

▼南伊勢ナチュラルヒーリング
https://peraichi.com/landing_pages/view/innerguide

▼ヒーラートレーニング
https://peraichi.com/landing_pages/view/beingtouch2020

===================


【ビーイングタッチ公式サイト】
http://beingtouch.com/


【公式ブログ「夢は光!」】
https://ameblo.jp/beingtouch


_____________


ここまで読んでくれて
ありがとう。


それでは今日も
元気で素敵な一日を!


心からの愛と共に!

_____________

【感想および
問い合わせはこちらへ】
http://beingtouch.com/contact.html

_____________


迷ったときは、
ワクワク、トキメキを
選択しよう!


落ち込んだときは、
このまま、あるがままと
自分に言ってあげよう!


宇宙は可能性と
奇跡に満ちた創造の場。


無限の可能性を信じて、
愛することをやろう!



『手から愛を伝え、
手から宇宙の愛を知る!』


自然医学整体研究所
主宰 河野修一

_____________