T3A勝負は一瞬で決まる?

  • 配信日: 2021-05-11 12:22:58
知っている人は知っているT3A…今日は3秒についてお伝えします。

皆さんは第一印象という言葉を聞いたことがあると思います。
簡単に言うと「初対面のときに相手に抱く印象」のことですが、仕事でも、恋愛でも、人間関係を作る上で、第一印象はとても重要な要素といわれています。

心理学では初頭効果と呼ばれ、第一印象がその後のその人の評価や好感度を大きく左右することが分かっています。

あなたは来るべき重要なミーティングに備えているとしましょう。
鏡を見ます。何もかも完璧です。
髪型は決まっているし、新しいスーツはしっくりきていて、靴もピカピカに磨いてあります。すばらしい第一印象を与えるためにできることはすべてしました。

しかし、自分ではどうにもできないこともあります。
私たちが出会う相手は、誰もが何らかの先入観を持ちます...それは誰もが同様です。
では、人はどれくらいの時間で他人についての印象を判断するのでしょうか?

第一印象は心理学の分野で研究されてきた歴史があり、その中で「初頭効果」というものが発見されました。これは端的に言えば最初に示された特性が印象に残りやすく、後の評価に大きな影響を与えるというものです。

人間は何を話すかよりも、外見や声の調子や身体言語といった話の内容以外のもののほうを重視しやすいということが分かります。

1971年に米国の心理学者アルバート・メラビアンが行った研究では、出会ったときの最初の数秒でその人の第一印象が決まるということが分かりました。

メラビアンの法則
第一印象は出会って数秒で決まる
初対面時、言語、視覚、聴覚で矛盾した情報が与えられたときに優先されるのは
視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%

・マネージャの33%が、採用の可否を90秒以内に決めている
・人は、相手が信頼に足るかどうかを、0.1秒以内に判断している
・脳は、性別を考慮するより前に、相手が好ましいかどうか判断している

何度も強調した通り、第一印象はとても重要です。どんなすばらしい人でも、第一印象でつまずくと、挽回できずにその人の良いところが伝わらず、悪い印象で終わってしまうということがあり得るわけです。

これは非常にもったいないことだと思います。そこでメラビアンの法則を使って第一印象を意識することで、さまざまな人とより良い関係を作っていきましょう。

出会って数秒で行われる相手の判断に影響を与え、すばらしい第一印象を与えることができ
人の印象の55%が視覚による「見た目」、次に38%が声のトーンや言葉の選び方等の聴覚に因るもの、そして話の内容は7%に過ぎない。人の見た目、話し方、伝えたいことの印象を一致させることが重要だと提唱されました。

ブランディングとはこの見た目、伝えたい事をいつも同じ内容になるように伝えること、見え方のコントロールがブランドを作ることになるのです。