梅雨を過ごすコツ

  • 配信日: 2020-06-13 08:03:37
おはようございます。  養生キッチン梅ちゃんです。




先ずは体の変化がおきやすい!
梅雨時期は気圧の変化による体調不良が
起こりやすい。


🔶梅雨時期に起こりやすい体調変化
 気分の憂鬱・風邪尾引きやすい・肩凝り
 疲れ・頭痛・だるさ・食欲不振
 心身の調子を崩さないため充分な睡眠を!



🔶細菌性の食中毒の発生が多くなる。
 細菌は高温多湿を好む
 4月~9月ころにかけて増殖が活発になる。



🔶食品の扱いに注意をしましょう。
 生鮮食品は、新鮮なもの購入する。
 冷凍・冷蔵が必要なものは直ぐに入れる。


 
 冷蔵庫・冷凍庫の温度設定を確認する。
 冷凍庫-15℃以下・冷蔵庫5℃以下を維持する。
 食品は充分加熱する。調理後2時間以内に食べる。



 食品はしっかり洗う。
 調理前の手洗いもしっかりと!



🔶お弁当について
 弁当箱の内側を酢で拭いておく。(殺菌効果あり)
 細菌の繁殖を防ぐ食材梅干し・お酢・生姜・ワサビ
 ご飯は冷まして入れる。




🔶ダニやカビの繁殖に気を付ける
 高温多湿が大好き(温度25℃前後・湿度75%前後)
 布団・ソファー・カーペット・ぬいぐるみ
 風呂場・流し台・箪笥の裏・押入れ



見逃さないように早期発見し対応すること
風通しを良くすることが大切です。
憂鬱な梅雨ですが、雨も大切です。
注意しながら過ごしましょう!
 





































































































.