2歳と90歳のコミュニケーション

  • 配信日: 2019-06-21 21:26:42
血液型が、一見A型
気心知れてくるとなぜか
「やっぱりB型」と言われてしまう、ArcChance(アークシャンス)代表の
岡麻紀です。


ご訪問いただき、ありがとうございます。


我が家の近くのスーパーOlinpicには
美味しいコーヒーが飲めるカフェが併設されています。


私はここで度々仕事をするのですが、ここでよく見るほっこりする光景があります。


昨日のこと。
私はいつものように、おやつを購入し、
カウンターでコーヒーをオーダーし、PCを広げて仕事を始めると…


「ボクちゃん幾つなの?」
と、私の目の前に座っていたおじいちゃんが、その隣でおやつを食べていた、小さなお子さんに声をかけます。


「にちゃい(2さい)笑」

「あら。そー? クリクリお目目が可愛いねー」

「かーいくない」

「いやーかわいいよー」

「かーいー?」

「うん!世界一だ!」

小さなお子さんがいると、
なかなかちゃんとしたレストランには
連れていけないし、
このようなオープンスペースの、持ち込み自由な
お茶できるスペースがあると、母としては本当に嬉しいものです!
(我が家の息子は早いもので13歳^_^)



そして、また2分ほど経った頃…

「ボクちゃんはいくつなの?」

「にちゃい」

「おー偉いね!
目がクリックリでかわいいなー」

「かーいくない」

「えー?可愛いよー」

「かーいー?」


と、おじいちゃん。

さっき聞いたばかりなのに忘れちゃったのかもしれませんが、

それでも違和感なく続く可愛いやりとり♡


私までホッコリ。


次の瞬間…

「うん!可愛いよー!

日本一だ!!」



えーーー?笑

さっき「世界一」って言ったのにー?笑
日本一に格下げー?笑


下を向いて思わず、私は
笑いがこみ上げてしまいました。


なんて平和で、なんて素敵なやりとりでしょう!


「コミュニケーション」とは、
「意思疎通」です!


2歳でも、90歳くらいに見えた
このおじいちゃまでも、
きちんと相手の目を見てコミュニケーションしてる!


目を見てお話をすると、
相手は「自分を認めてくれている」と
安心感を無意識に感じるものなんです!


「目を見ることの大切さ」


改めて意識してみませんか?





ご縁で繋がった皆様に愛を込めて(๑˃̵ᴗ˂̵)

読んでいただき、ありがとうございます!


ArcChance アークシャンス
岡麻紀