大変残念ですが、6月公演「マノン」順延とさせていただきます。

  • 配信日: 2020-04-03 07:41:50
6月公演マノン延期のご報告をさせていただきます。

新型コロナ感染拡大の影響がどんどん深刻な事態になっております。
我々舞台をつくる人間には、最悪の事態です。
しかし光もさし、
昨日のニュースで、ジョンソン&ジョンソンがワクチンを見つけたようです。
来年、、1年後には使用できるのではないかという状況のようです。

とはいえ、猶予のない状況はまだ先1年は続き、変わりありません。

FBでは、何度か意見を公表して来ましたが、
公演を行うことで、人々が動き、感染の危険に曝し、もしもの感染によって誰かの命を奪うことがあってはいけません。
風の丘での上演がクラスターになることは、避けないといけません。
何より大切なものは、
私たちの周囲の大切な人々、出演者、スタッフ、お客様、
そしてその皆さんの愛す方々。。。
この事態では、人々の命を第一に考えたいです。

命がけで治療を行ってくれている医療にむやみな負担が増えないよう、いま我々ができること(なるべく留まる)を行い、感染誘発を行わないことで、医療従事者への感謝の気持ちの現れとしたいです。

こう言った判断のもと、大変残念なのですが、
6月公演「マノン」の延期を
出演者、スタッフの皆さんへお願いいたしました。

5月から稽古が開始されます、4月になってしまうと、ソリストさんは本番へ向けた調整を本格的に始められる時期であると思われ、その準備に入る前に決めなければと、情勢を見極めてきました。
そして、3/31に社会状況を判断し、
決断をし、
関係者皆さんのご同意をいただき、
今日公表とさせていただきました。

丸々1年の延期とさせていただきます。

ワクチンの発表がありましたので、1年後は大丈夫であることも望みが出て、
延期のご提示もでき、
このままだと、完全に風の丘の廃業もかんがえていたので、
少しほっとしています。

昨年の台風19号直撃でトスカ公演中止となったチケットの振替をご要望いただいているお客様へもご理解をいただけましたら幸いです。
また、サポーターの皆様の会費の件も検討しなければなりません。追ってご連絡致します。

皆様も
どうか、目に見えないコロナにかからなよう、くれぐれも最善の努力をしていただき、周囲の誰もが最悪の状況にならないよう、お体をご自愛ください。

大好きなマスネの作品、大好きな「オペラ」です。
再度、チャンスがありますよう、共に祈りつつ、
ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2020年4月1日
TRIADE 風の丘HALL大澤美香