【お口の両側に口内炎がでる理由とは】

  • 配信日: 2021-07-19 14:49:57
こんにちは、米長歯科の米長悦也です。
元気にお過ごしでしょうか?



今回は、お約束の通り、
口角炎と、口の両側に
口内炎がでる理由について、
お話しさせていただきます(^^)



口角炎とは、上くちびる(唇)と下唇が合わさる、唇の端におこる炎症のことです。



あなたは、

1、食事のたびに、両方の唇のはしっこ(口角)に、
唾液がにじんでくる


2、ひんぱんに、口角炎をおこす


3、下の前歯の先端が、えぐれて、
茶色くなっている

4、下の前歯が、1本か2本、
列から外れて、ガタガタになっている




これらの症状を、お持ちではありませんか?


これらの症状は、
お口の中の老化現象です。


歯が全般にすり減って、
噛み合わせが、低くなってしまったことが原因です。


アゴが片側に傾いて、
ほっぺたの粘膜と粘膜がこすれ合って傷を作った原因とは、違うのです。



これらの中で、一番重症化して、
上の前歯を無くしやすいのは、


4の、下の前歯の歯並びが
ガタガタになってスクラムを組んでいる状態です。


この様な症状をお持ちなのに、

安易に、上の前歯の代わりに、

インプラントを入れたり、
ブリッジを入れたりするのは
NGです。


何故なら、
歯の噛み合わせが低くなって、

ガタガタの下の前歯が、スクラムを組んで一体になり、上の前歯、インプラントやブリッジを、突き上げるからです。


口内炎、口角炎が頻繁に起きる方、
下の前歯の歯並びがガタガタの方、


健康で、明るい未来をゲットするために、
ぜひ、米長歯科に
ご相談くださいね(^。^)


米長が、「明るい未来へのルート」を、
お伝えしますよ^_^



本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。


次回以降も、
あなたや、ご家族の明るい未来のゲット法を、お伝えすつもりです。

その他でも、お聞きになりたい事があれば、どしどしご連絡くださいね(^^)

米長悦也


Ps 口内炎や口角炎が頻繁に出て困っている方は、一度米長歯科で噛み合わせを調べてみませんか?

Pps 歯のお悩み相談会を、毎月開催しています。
米長に相談したい方、お気軽にご参加くださいませ。
ZOOMですので、
自宅からでも、帰省中でも、参加できます(^^)

次回は、8月16日(月)10時〜11時です。

相談会へのお申し込みはこちらからどうぞ。


https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=10196040722410

以上、よろしくお願いします。