「牛乳とカゼイン」

  • 配信日: 2020-10-01 13:47:22
★★★★「真・健康への道」★★★★
~the road to true health vol.36〜

当院ではツクツクのウェブチケットを導入しています。

ウェブチケットを経由してお会計して頂くと施術代金の3%分がポイントとして貯まります(^。^)(1ポイント1円)

更に、ツクツクの他の店舗で、Amazonや楽天のようにお買い物して頂くと、ポイントが同じく3%(3%以上のモノもあります)貯まりますので、他店舗で貯まったポイントも当院の施術代に充てることもできます。

是非、利用してみてください!
↓↓↓
ツクツクマーケットプレイス
https://home.tsuku2.jp/?Ino=000006186000


※このメールマガジンは無料配信ではありますが、無断で他への転載はお控えくださいますようお願いいたします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「食」に関する第24回目の配信となります。

今回は牛乳について。

牛乳は体に良いか、悪いか?
牛乳は骨を強くするか、弱くするか?


さて、どちらが正しいでしょうか?


世間一般的には、牛乳は体によく、カルシウムも豊富だから骨が強くなる、が常識です。

私も専門学校やセミナー、専門書で栄養学を学びましたが、やはり牛乳は栄養的にも素晴らしく、一般人もアスリートも積極的に飲むべきものと信じて疑いませんでした。


「分子栄養学」という細胞レベルからみた栄養学を学ぶまでは。


まさに、アインシュタインの名言
『常識とは18歳までに身に付けた偏見のコレクションである』
だったのです。


牛乳のデメリットとして、「カゼイン」があります。


カゼインは牛乳以外の乳製品、チーズ、ヨーグルト、バター、生クリームなどにも含まれます。

「カゼイン」は牛乳に含まれるタンパク質で、このカゼインがグルテン同様、腸を傷つけ、リーキーガット症候群を引き起こし、癌やアレルギーのリスクを高めるといわれています。

その他のデメリットとして、

・カルシウムが多くマグネシウムが少ないため脱灰(骨のカルシウムが血中に溶け出すこと)が起こり、骨折や骨粗鬆症のリスクが高くなる。

・ホルモン操作による危険性がある。

・日本人は乳糖を分解できない人が多い。

・動物性脂肪が多い。

などなど、実はメリットよりデメリットのほうが多いのです。


牛乳やヨーグルトは嗜好品として摂る分には良いと思いますが、健康のために積極的に摂るのは避けたほうが良いですね。


次回は、「肉は食べないほうがいい?」です。


最後までお読み頂きありがとうございます😊


このメルマガに対する感想や、とり上げて欲しい内容などを公式LINEアカウント
より募集しています↓↓↓↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40tpp5876a

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「おもしろい!」「ためになる!」と感じて頂けましたら、是非お友達にも登録を勧めて頂けると嬉しいです!
以下のURLをコピーしてお友達に送ってください。

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000061593