たまりの子育て躓きヒストリー②【GO!GO!かあちゃん! ハッピー向上委員会】 

  • 配信日: 2019-11-25 18:06:59
こんばんは☆彡
GO!GO!かあちゃん!
ハッピー向上委員会の玉利です。
 
 
この度は、
メルマガにご登録いただき
ありがとうございます(^-^
 
 
今回は、
私の価値観と人生を変えてくれた
アドラー心理学との出会いのきっかけである
 
「子育てに躓いたきっかけ」
についてお伝えいたします😊
 
 
*::::*::*::::*
 
 
前回、お話ししたように
お母さんとして自信のなかった私は、
ある出来事をきっかけに子育てに躓きました。
 
  
 
子育ての躓きは
ある日突然やってきました!!


当時10才だった長男が
椎間板ヘルニアになったことを
きっかけに親子で涙する日々が
スタートしたのです...🌀
 
 
 
当時
スポーツチームに所属していた長男は
痛みで思うように身体が動かせず、
 
もどかしかったり悔しかったりする中
椎間板ヘルニアの症状を知らない方から

心ないことを言われることが続き、
少しづつ心のバランスも崩していきました💧
 
 
 
そんな長男の状況に心を痛めながらも
私ははがゆく感じ、長男の気持ちに
寄り添うことができないでいました。
 
 
それでも励まそうと思い、
かけた言葉は長男を否定し
「認めていないよ!」
 
と伝えているようなもので、
余計に長男を傷つけてしまうものだったのです😢
 
 
 
練習に行けば、大人たちから
「やる気で乗り切れ!
そんなんじゃ通用しないぞ!」などと言われ。
 
 
心のよりどころである家では
「社会に出ればそんなこと言う人は
たくさんいるよ。負けるな!!」
と言われてしまう・・・
 
 
1年半、練習のたびに励ましだと思い
投げかけられる大人たちの言葉に
長男は深く深く傷ついていき
 
 
最後には泣きながら
「僕なんていらない人間なんだ」と
口にしました。 
 
 
この時はじめて私は、
「誰よりも長男の気持ちに寄り添って
あげなければならなかった私が、

誰よりも早く長男を突き放し、
傷つけてしまったこと」に
気がついたのです。
 
  
 
そして私はお母さんになって10年
はじめて「私が変わらないと!
変わりたい!!」と強く思ったのです。
 
 
そうはいっても
どうしていいのかわからず
親子で暗闇の中をさまよう日々が続き...
 
 
私も長男も
「自分はダメな人間なんだ」と
自分を否定し続ける日が続きました。
 
※この時期を長男は暗黒期、
黒歴史と読んでいます😅
 
 
 
私は、必死に考えました!
そしてインターネットでなら
何かいい情報が見つかるかも!!と思い
 
 
子育て系の学びについて
いろいろと探しはじめました!!
 
 
そう!そうして私は
アドラー心理学と出会ったのです㊗️✨🎉
 
 
そして自分自身のことも長男のことも
「そのままでいいんだ!!」と
認めることができるようになったのです✨💕
 
 
 
つづく。。。
今日はここまで続きはまた明日。
 
最後までお読みいただき
ありがとうございました!!
 
 
 
次回は
自分自身のことも長男のことも
「そのままでいいんだ!!」と
認めることができるようになった私が

どのように変わっていたったのか
をお届けいたします!
 
 
*::::*::*::::*
 
 
★12月5日「ママたちの知恵公開日@浦和」★
https://www.facebook.com/events/416736999245104/
 
★GO!GO!かあちゃん!ハッピー向上委員会 応援チケット★
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=51520057211911