春分の日の昼と夜の長さは同じではない?!

  • 配信日: 2020-03-22 20:24:44.197794
皆さんこんばんは。
tsunaguの副島(そえじま)です。



3月20日はお彼岸でしたね!
我が家もお墓参りをして
ご先祖様に挨拶をしてきました。

そして恒例のぼたもち♪
美味しくて思わず食べ過ぎてしまいました…(^^;



さて、今週のテーマ「春分の日」についてです。

春分の日と言えば、
多くの人が「昼と夜の長さが同じ日」と
答えるのではないでしょうか。

私もそのように思っていました。




しかし!!!


実は、
昼と夜の長さは違ったんです…!



ご存知でしたか??



そうなってしまう大きな理由は2つ。

1.日の出と日の入りの決め方の違い
2.地球の大気の影響





詳しくご説明していきますね。


1.日の出と日の入りの決め方

日の出とは、
太陽が地平線の上にわずかでも出た瞬間
を指します。

日の入りとは、
太陽が地平線に全部沈んだ瞬間
を指します。


つまり、日の出と日の入りを決める場所が
それぞれ異なるために、太陽の大きさ1個分だけ
昼の方が長くなってしまうのです。


ちょっとイメージしづらいと思いますので、
100メートル走で考えてみてください。

仮にこれが100メートル走だとすると、
スタートは体の一番前が基準になりますし、
ゴールも体の一番前で決まりますよね
(正確には胸の位置で決まります)。

一方、日の入り(ゴール)の場合は、
体がゴールをすべて駆け抜けた瞬間、
いわばお尻やかかとの位置で決めているわけです。
すると、体の大きさ(厚さ)の分だけ
時間が長くなりますよね。


日の出の定義が、
「太陽がわずかでも地平線から出た瞬間」で
日の入りの定義も
「太陽がわずかでも地平線に隠れた瞬間」
であれば、このズレは生じなかったでしょう。

あるいは、
日の出、日の入りどちらの定義も
太陽の真ん中が地平線から出た、あるいは入った瞬間
とすればこの誤差はなかったという事です。




2.地球の大気の影響

地球の大気は、太陽の光を屈折させるため、
太陽が実際の位置よりも早く地平線に
上がって見えるそうです。
そのため、その分だけ日の出が早くなり、
昼が夜よりも長くなる理由の一つに
なっているんだそうです。



いかがでしたでしょうか?

そんな理由から、
春分の日(秋分の日も)の昼と夜の長さは
同じではなかった訳です。


今日はちょっとだけ地球の神秘的な部分に
触れてみました。

今日のお話は以下のリンク先から
参照させていただいています。
お時間のある方はぜひ読んでみてください。


・春分の日が3月20日だったり21日だったりする理由
・春分の日の日付は前年の2月に発表される
・どちらの日なのかをおおよそで予想する方法
・春分の日と秋分の日の違い…etc


などなど
興味深いお話がたくさん書かれていますよ♪


参照元:Precious.jp
「春分の日は年によって変わることを知っていましたか?
2020年の春分の日はいつ?決め方は?
秋分の日との違いや計算法、国民の祝日の意味、
何をするのか・食べるのかをチェック」

https://precious.jp/articles/-/17197




本日はこれにて。
また来週お会いしましょう♪


tsunagu代表
副島 耕一(そえじま こういち)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
※このメルマガでは、毎週日曜日の夜に
地球に優しいエコなこと
身体に優しいこと
お財布に優しいお得情報
などなど。

様々な情報を発信しています。

ツクツク通販のシステム上、
当ショップでお買い物いただいた方は
自動的にメルマガ登録になります。

どうしてもメルマガが不要という方は、
お手数をお掛けして申し訳ございませんが
解除作業をお願い致します。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~