地球の鼓動・人類存続の決断の時 9月1日速開都比売様 大祓祈りの神言葉(午前)9月18日号

  • 配信日: 2020-09-18 12:03:36.51755
【9月1日 ハヤアキツヒメの祈り(午前)】

毎月1日の11:11の午前と午後におこなっている、
ハヤアキツヒメ様の7月の神言葉をお伝えします。

この祈りの時間では、地球を守る存在の代表が、
今の私達に何が必要か?その大切なメッセージを降ろして下さっています。
(2月1日速開都比売様 午前の祈りより)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ますたまひて 国を改め直す心あるならば 
ますますのこと 心愚かにならず 疎かにならず
国のため 人のため 世のために 働く人を増やさねばなりません

やがて来る時代には 今の国のような形ではなく 新たな国の再生も起こるでしょうが その前に いくつもの今までの価値観が壊れるからこそ その前哨戦として 今あなたたちは 今まで信じてきた 今まで当然と思ってきた価値観が 壊れる経験をしている最中なのでございます  

それは 物事が大きく変わるときには必ず起きる現象であり それは 経済通貨の問題だけではなく 政治においても また軍事においても また村人 人の心 会社 組織 人の繋がり すべてにおいて その人と人との関係性の中の繋がりの価値観の意味が変わらなければ やがて来る時代には対応はできません

だからこそ あらゆるものは あらゆる意志で あらゆる意図をもって その行いをしておりまするが その過程にある最中に 皆々様は どう自分を捉え どう未来を見据え 
どう子供たちに言葉を発するのかによって 世の中が変わる 世の中を導くのだということを考えなければなりません

自分が発する言葉が 世の人々の子供たちの未来をつくっているとは 多くの親たちが思ってはおりませぬが 自分の子供 自分の子供と思っているその視点がある限り あなたはまだ子供なのでございます

子供は あなた達肉体を持つ人間が創り出せるものではなく 私たちがその許可を出し その御魂がその意志を示し その魂が入った時 初めて子は宿りまする
しかしながら 宿った子供が 本当にその親の胎内から生まれたいのか 生まれるのかを  実は本人の意志が 一番大事にされておりまする

妊娠をしないこと 妊娠をしても流産をすること 妊娠をして自分で堕胎をすること そのすべてが 命の循環の過程であり これは人間だけではなく 動・植物すべてにおいて行われている儀式でございます

儀式とは 一つの物語の所作であり その流れにおいて区切りをつけるためのことであり 生があり死があることについて 新たな始まりにおけるその過程のルールのもとを 儀式と呼んでおりまする

その儀式において一つの区切をつけ 過去の思いの囚われを外し 新たな価値観となって 新たな生き方を選ぶ そのために 新しい子供たちが生まれておりまする

しかし 新しい子供たちが生まれなくなった時 またその人口が極端に減った時 その国は滅亡するのか またどこかに従属するのか それもまた一つの生き方でございましょうが 私たちの視点から見れば 国をどのように地理的に分けようが どのように民族的に分けようが 何も変わりはございません

多くのアリが 自分の住処を移動したり 隣の住処に移ったりするだけの様子に見えております

この地表表面で生きている者達の意識と この地表表面ではない地球の中に存在している意識体・肉体を持つ者たちと 地表表面のさらに上の空間に存在している意識体たちとの その繋がりの意識を持たぬ者達は ただアリが 今日の餌を探すかのように動いているようにしか 私たちには見えません

なぜ存在し なぜ誕生し なぜ死するのか その意味を本当に考えたことがないのであれば それはただの快楽にもならず 生きることに苦しむ時間が長くなるだけでございます

「死を持って死を制する 生をもって生を制する」 
この互いの学びを正しく学ぶことこそが この人生を生きることの意味であり そしてその先に 魂の繋がりと魂の学びがございまする

そのすべての魂の繋がりを学ぶことができれば 大いなる意志・意図と繋がりまするが 自分に都合の良い繋がりしか見えぬ者にとっては それがすべてと思って見えてしまいまする
それをあなたたちは「井の中の蛙」と呼びますよね

私たちも 地球だけではなく あらゆる星たちとの 太陽系またそれ以外の星々との 惑星との繋がりを守る役目を持っているからこそ この星で起きていることが この星のことだけではないと感じておりまする

だからこそ 地球を希望の星と設定し そこに新しい魂たちを再生させるために その準備をたくさんした結果が今なのですが この加速度的な人口の増加と 危機的な食糧危機と そして地球自体の母の胎内を崩壊させる行為については 私たちには見ていることができません

それは 地球自身が自己浄化のため 余計な害虫を焼き殺すのか 自らを火だるまにするのか それも地球自身の意志でございまするが まだ少し時間が残っておりますので 起きることなど 災いなど たかが知れたことでございましょう

本来この地球には すべての生命体の命が宿る力と同時に すべての生命体の命を一瞬で崩壊させる力を 同時に持っております

それは あなた達が考えたことがない この地表表面に住むものであれば このすべての空間 空気 酸素 二酸化炭素 そのすべての循環の仕組みを 一瞬で成層圏がなくなった途端に あなた達は全員死滅してしまいまする

その仕組みを誰が創ったのか
またその仕組みをどう再生し続けるのか
その大いなる仕組みを 自分達が破壊しているとは まだ気づいてはおりません

すべての命が繋がっているということは すべての命を大切に守る存在たちから 守られているとも言えまするし また 運命共同体という意味は この成層圏がなくなれば 共に命を失くしてしまうという意味も含んでおりまする

地球は存在し続けるとは思いまするが 生命体がいなくなることを まだ考えていない人が多すぎまする

もともとこの星には 生命体はおりません
そこに 生命体を生み出させるため仕組みを長年かけてつくりましたが それをあなた達は 自分の手で破壊しようとしております

どこまでが許されるのか どこまでがリミットなのかは あなた達自身が知っているはずでございます

私たちがそれを止めるすべがないからこそ 気づきのある者 志がある者 またその役目を持って生まれた者達に その気づきの目覚めの行動とメッセージを伝えておりまするが
誰もが自分事に捉えない方が多いだけではなく 誰かのせいにする人が増えれば増えるほど この地球の崩壊のスピードは速まります

地球の生命体を 自分の手で首を絞めていることに気づかぬ者は 自分の手で自分の首を絞めていることさえ 気づいておりません

志半ばに死する方もたくさんいると思いまするが それこそが次の転生への準備であり この星の経験が終わったということですが この星の経験が終わっても その次またこの星に生まれる時 生命体が存在しない星となっているのか またすぐ再生し 新たな子供として生まれてくるのかも あなた方のこれからの志と そしてその生き方と すべての選択によって決まりまする

魂一つひとつには その役目が刻まれておりまする
そのことに気づかぬのであれば すべての魂の再生をするための 一旦リセットはあるかもしれませぬが ただそれは私も望んでおりませんし、この星を守る存在たちも望んではおりません

ただ 自分達の手で この星の生命体をリセットするような行為だけはおやめくださいませ

すべての自然淘汰の仕組みにおいては 善悪もなく すべては仕組みの流れ
ですから あらゆるものが動き 変化し 気候 海流 温度 風 山々の噴火 地の揺れ あらゆるものすべてが 生命体としての行動でありまする

あなた達の心臓が打ち続けるように 地球も生きておりまする

どうかその鼓動と共に 長く生き延びたいのか それとも子孫の またこれから生まれる子供たちのために 残す地球を選ぶのか そのため今自分が何を選択し直すのか 生き方を変えるのか 考え方を変えるのか 価値観を変えるのか 今みなさま達は その決断の時期が迫っておりまする

時疎かにすれば その時間は一瞬に消え去り 多くの者達の後悔と共に あなたはただ見守ることしかできぬ存在となってしまうでしょう

この星には あらゆるもの達が転生してきます
今まだその転生の過程は 人間と動・植物までにしておりまするが 本来ならば あらゆる他の星の者達の転生を許すこともできるのですが もしそれを許せば あなた達地球人類という価値観さえ一瞬にして崩壊してしまうほど 知的な生命体は もっと他の星におります

しかしながら あなた達に与えた人間への創造力 その力をどう使うか
私たちは それを見守っておりまする
可能性は いつでも無限にありまする
同時に不安もたくさん出ることでしょう

であれば 自分の意志を持って行動し続け 不安がなくなるほど真剣に 真っ直ぐ 一生懸命に進まねば 生きることが辛くなってしまいまするよ

そういう時が 時々 常に あらゆる場面で起きる時間となるからこそ この年のこの日の気づきとして 皆さん より多くの皆さん 考え 気づき 生き方を変え 価値観を見直すことができる人たちが増えることだけを 願っておりまする

あらゆるもの達が 皆さんを見守っておりまする
そして あらゆるもの達が 皆さんと共におりまする

あなただけではなく あらゆるものとの繋がりを感じながら この星に存続し続けられるその仕組みを始めてくださいませ

永遠に続かぬものは 遊びと同じ
遊ぶのも楽しいでしょうが それは 安全や安心があってのこと
平和さえ 失うのは一瞬でございます

だからこそ 今を楽しみたいのか 生涯を楽しみたいのか 子孫の者達に残すのも楽しみとして生きるのか そのことを どうか考え直すチャンスにしてくださいませ

そのための気づきとメッセージは いつも私たちは伝えておりまする
そのことを 素直に受け取る者たちが 増えることだけを願っておりまする
どうぞよろしくお願いいたしまする

山津 神津 うてぃんなる宇宙の存在たちとの繋がりを持つ者
そして 心の中にある一心なる神の心を持つ者たちの
繋がりと行動を 心から願いいたしまする

ありがとうございます