王だけが飲めた珈琲

  • 配信日: 2020-10-02 19:00:53
「#王だけが飲めた珈琲 」

“珈琲”と言う漢字の成立ちを知っていますか?

まず、なぜ“おうへん”なのか

“おうへん”の漢字は

王様や貴族に密接な関係なものに使われます。

そして、“おうへん”の横についた

「加」と「非」という字は

“#カフェイン ”の当て字なのです。

つまり、漢字から王とカフェインが

密接な関係なのがわかるのです。

元々は珈琲はすごく高級品として扱われていて、

王様や貴族などの位の高い人しか飲めませんでした。

その王様や貴族はどのように飲んでいたかと言うと、

『#性欲剤 』として扱っていました。

昔は今と違って、

ただ性欲が上がるというニュアンスじゃなくて、

“元気な精子を作り”元気な子供を作るための

栄養剤というようなニュアンスです。

そのように昔の王様には使われていたため

“珈琲”の漢字になりました。

昔は高くて位の高い人しか飲めなかった食品ですが、

今では国民茶にまで世界的に飲まれている珈琲になったからこそ本来あるべき姿に戻してあげたい、

健康食としての珈琲をもっと広めたいと思っております。

普段おうちで簡単家庭焙煎コーヒーのセミナーをやっております!

ツクツクのウェブチケットからオフラインでもオンラインでもセミナーが申し込みできますので、是非チェクしてください‼️

510cafeのメルマガを読んでいただきありがとうございます😊