第33回 おとなの家庭科暮らしショップ便り

  • 配信日: 2020-04-27 14:48:00
七十二候はまためぐり、「霜止出苗
(しもやみてなえいずる)」になりました。
種籾(たねもみ)が芽を出し、
やさしく照らす太陽のもと伸びていきます。
お米を主食とする日本の暮らしには
大切な時期でもありますね。

お米といえば、「米の乳」
現在、在庫切れで入荷待ちです。製造元で
発酵が完了し、乾燥工程に入ったとのこと
4月30日頃より発送を始められる予定です。
発酵というものは、菌の活動次第で
その環境によっても変わってくるので
観察するのは楽しいですが、
お待たせするのは氣になるところです。

さて、新商品をご紹介したいと思います。

今こそ腸和&免疫UP 
発酵熟成「黒・福たまねぎ粉」です。

ひとつまみでたまねぎ1個分!?
ポリフェノールがたっぷり含まれた外皮入り
血液サラサラ、抗酸化作用が期待できます。

玉ねぎといえば
涙が出る素「硫化アリル」
切った時に、
目や鼻にツンと来る「硫化アリル」
独特の匂いの素「アリシン」
玉ねぎの苦味の素「ケルセチン」
などなど、普段食べる部分より
皮のほうにずっと多くあるそうで

たまねぎの皮に期待と言われているのが

・生活習慣病対策
・血圧・血糖値・コレステロール値を正常に保つ
・体の巡り対策
・酸化対策
・老化防止・アンチエイジング
・美容、美肌効果
・デトックス効果
・便秘対策
・アレルギー症状・花粉症予防対策

こんな風に効果・効能をあげられると
是非「皮」も活用したい!
と思ってもお茶とか飲まないし、
皮は口に残るし、粉末にするの大変だし・・・。

こんな時のお助けアイテムが
発酵熟成「黒・福たまねぎ粉」 
https://ecsp.tsuku2.jp/viewDetail.php?itemCd=14262000140042

黒ニンニクならぬ、玉ねぎを皮ごと発酵
いま蘇る筑豊の黒ダイヤ 笑
ぷぅ〜んと香る美味しい匂い。

玉ねぎ丸ごと発酵、一物全体のパワー
想像するだけで創造力が!!

味噌玉に旨みとして
チャーハン、唐揚げのスパイスとして
汁物、ハンバーグなど
玉ねぎを使うものには
特にマッチします。
サラダのスパイスにも。

なんともいえない味の深まりに
う〜んと唸ってしまいます。

これに米の乳を合わせると
発酵×発光×発幸料理度 U P
さらに素材の旨みが引き出され
少量なのに最大の効果!
そんな風にしか思えない商品です。

ただ今お試し販売キャンペーンということで
スペシャル価格にてご提供中です。
「うちで食べよう」
ステイホームのゆとりある時間の
楽しいクッキングタイムのお供に
いかがでしょうか。

それでは、またお便りします。

      おとなの家庭科 井村 祥子

********************
以下では、毎日メルマガを書いてます。
「家庭科の先生が伝えるおとなの家庭科」
https://resast.jp/subscribe/89101
よかったら覗いてみてください。