第9回 『デトックス力(排泄)が低下して起こる病気』

  • 配信日: 2020-01-09 13:12:19
2010年1月9日(木)第9回

こんにちは菜の花くらぶです。今年もよろしくお願いしたします(^^)
今回は『デトックス力(排泄)が低下して起こる病気』をお話しします。便秘に悩む女性は、肌荒れにも悩みを持つ方が少なくありません。便秘と肌荒れの状態には因果関係があると考えられています。冷えで大腸のはたらきが滞ると、便秘になって大腸内にずっと便が残ってしまいます。便は本来、栄養が吸収された後の老廃物です、それがすぐに排泄されないと、腐敗して腸内細菌のバランスが崩れます。そうして悪玉菌の勢力が強くなると、有害物質やガスが発生してしまうのです。この有害物質やガスを便と一緒に出せばよいのですが、排泄力が低下しているため,うまくいきません。その結果、腸壁から吸収され、血液に溶け出して体内をめぐります。最終的に有害物質は汗や皮脂となって毛穴などから排出されるのですが、それが皮膚細胞に負担をかけてしまい、肌荒れを引き起こします。さらに汗と共に有害物質が出る際に、体臭も発生します。 血液に溶け出したガスの一部は肺にたどり着いて呼吸とともに口から出て、口臭の原因になることもあります。そして意外な事ですが、排泄力の低下は、不安やうつ状態も引き起こします。腸と脳は相互に影響しあい、消火器の異常が脳に伝わって感情に変化を及ぼすためです。次回は『脳の機能が老化して起こる病気』をお話しします。最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

  【1、2月のイベント募集】
★1/16(木) 10:30~12:00 ミネラル発酵ドリンク教室 3,500円

★1/27(月) 10:30~11:30 ミネラル活用セミナー 無料

★1/27(月) 11:30~13:30 はじめてのドライフルーツ作り 1,000円

★2/6(木) 10:30~12:00 ミネラル発酵ドリンク教室 3,500円

★2/18(火) 11:00~13:30 発酵ランチ会 1,000円