全てが経験

  • 配信日: 2020-10-01 07:25:39
曼荼羅アートは人生の羅針盤(コンパス)♪

おはようございます。

アーティスト
曼荼羅セラピストのmieです。

メルマガでは
曼荼羅アートを描いていて
気づいたこと
感じたことを
書いていきたいと思います。

毎月1日のゆるゆる発信です。

第28回
「全てが経験」

(私の住んでいるところは)
10月は雨のスタート。
今日は中秋の名月、夜には晴れて欲しいです。



曼荼羅アートに出会ってから5年になります。
今までにたくさんの作品を描いてきました^ ^

そしてつくづく感じるのは、「全てが経験である」ということです。

思うようにいかなくて
まとまりのない作品になってしまったり。

デザインが思い浮かばなくて悩んだり。

凄く上手に描けて喜んだり。

よく「失敗ではなくて経験」と受講生の方にお話します。

何度も書いているかもしれませんが、曼荼羅アートは人生の縮図みたいだなっておもうのです。

失敗は無い。
経験だ、と思うと
紙の上ならば、どんなことでもチャレンジできますよね^ ^

どんどんチャレンジして、たくさんの経験を積んでもらいたい。



人生に例えるならば
苦しい、悲しい経験は、
同じ思いをしている人に寄り添うことごできる。誰かを助ける力となる。

楽しい、嬉しい経験は将来、誰かを笑顔にする力となる。

どのような経験も、全てが自分の将来を輝かせてくれる。

過去に経験した全てが、価値があり、将来の力となり、意味があるもの。

そう思うと、イマイチだと思った作品にも感謝が湧いてきます^ ^

先月は講座でたくさん同じ作品を描く機会がありました。
同じ作品をたくさん描く
この経験が今後どんな風に活きてくるのか楽しみです。

今日は「全てが経験」というお話でした。

本日もお読みいただき
ありがとうございました!



【お知らせ】
⚪︎年内の曼荼羅アート対面講座の予定はウェブチケットをご覧ください。

⚪︎NTラシャ、ケンラン紙の15センチ角の在庫補充しました。



最後までお読みいただき
ありがとうございました。