新年のお年賀〜えこひいき情報のおすそわけ〜

  • 配信日: 2020-01-02 21:15:43
明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い申し上げます!

早川卓快です。

前回の配信より、実に半年の時間が経ってしまいました(-_-;)

前回の配信の頃より、世界最先端の「再生」の分野のフランチャイズ加盟店になり、日々、奔走していました。
半年で、300店近い加盟店オーナーに参入していただきました。

「再生」の分野に関しては、また別配信で書かせていただきます。

今回は、お年賀として、えこひいき情報をおすそ分けさせていただこうと思います。

その前に、、、

突然ですが、オリンピック開催国は、開催後、大不況に見舞われるというのはご存知ですか?
「免れた国はない」というデータがあります。

そして、日本は「デフレ」の渦中にいます。
世で言われている「インフレ」というのは、カモフラージュだそうです。

和多志も自分のビジネスを通して、それを痛感しております。

海外の人材も、今では日本で働いても、大して賃金が良くないので、シンガポールやマレーシアの様な、成長国で働きたがって、日本の介護の現場などでの人材確保が難しくなっているようです。

第4次産業革命、つまり情報革命の最中である昨今、情報を制する者が勝つ時代です。
勝たないまでも、自分や家族の生活を守るには、上質な情報を手に入れなければならない時代、とのことです。

かつての10年の変化が、半年で起きる時代に生きています。

金融リテラシー(知識)と、ITリテラシーの低さが、顕著になってきた日本人。
金融リテラシーに関しては、タイやフィリピンよりも劣るそうです。

和多志も「情報」という観点では、自信があった方ですが、金融とITという部分では、あまり積極的に情報を取ってきませんでした。

しかし、昨年は様々な出会いがあり、その辺りの事を、直に教えてもらえる機会に恵まれたので、その情報を自分だけで止めるのではなく、「えこひいき」情報としてシェアさせていただくことにしました。

シンクタンクが、これから無くなっていく職業を予測していますが、それがすぐ目の前にやってきてから対応するのでは遅いですよね?
「目先」ではなく「先見」の視点を持つことの重要さも教えていただいております。

今回は、「金融」&「IT」にまつわるえこひいき情報です。

お金の価値観が変わる時代、と聞いてピンときますでしょうか?
8歳のユーチューバーが大金を稼ぐ時代です。

明治維新の際に、小判だった通貨が、紙幣と硬貨に変わりました。
そして、明治維新以上の変化が起きつつある時代だそうです。

遅ればせながら、日本でも「キャッシュレス化」が進んできました。

これは「国策」です。
内閣府の進める「スーパーシティ構想」にも「キャッシュレス」は項目として入っています。

かつて、TVの放映が、アナログからデジタルに変わりましたよね?
「国策」で進む事には、嫌でも従わざるを得ないのです。

今、アナログでTVを視聴することは出来ませんよね?

生活と切り離せない「金融」の分野でも、これが起きつつあります。

時代の変革期には、各業界で「ミソクソ」が入り乱れます。

いかに「ミソ」の情報を得るかが命題になります。

今回は、そんな情報ですが、ここでは全てを審らかにはしません。

必要のない方に言っても、仕方がないので、必要な方にのみ、お伝えしたいと思います。
もっと、申し上げると「積極的に情報を取りに来る方」でない方に伝えるのは、ただのおせっかいだと思いますので。

キーワードを申し上げると、

・ハイエンドな金融プラットフォーム
・暗号通貨(クリプト)と法定通貨(フィアット)の掛け橋

といったところでしょうか?

本文にもキーワードは載っていますが、、、

ピンと来た方は、
Facebook「早川卓快 Takayoshi Hayakawa」もしくは、
LINE「takkai911」まで、ご連絡の上、その旨、お知らせください。

皆様にとって、最幸の1年になりますよう祈念申し上げます。早川卓快拝