新入荷!アブルッツォの新しい風【Tenuta i Fauri】

  • 配信日: 2017-09-05 03:36:47
イ・ファウリは1978年にドメニコ・ディ・カミッロが設立した小規模な家族ワイナリーでその年間生産量は約12万本です。現在は息子のルイージがワインメーカーを担い、娘のヴァレンティーナが広報とマーケティングを担当しています。ワイナリーとブドウ畑はアブルッツォ州南部キエティの丘陵地帯にあり、アペニン山脈に連なるマイエッラ山とアドリア海に挟まれています。
ルイージは食事に合わせやすいワイン作りを標榜し、モンテプルチアーノにも木樽を使いません。モンテプルチアーノ・ダブルッツォの上級キュベ「オットーブレ・ロッソ」はセメントタンクで発酵・熟成を行い、あとのワインはすべてステンレスタンクで仕立てています。アブルッツォ・ペコリーノの2013・14ヴィンテージが2年連続でガンベロロッソの3ビッキエリを獲得、またチェラッスオーロ・ダブルッツォ2015がガンベロロッソのリーズナブル価格版「ベッレベーネ」でアブルッツォ州のベストワイン「オスカー・レジョナーレ」に選定されるなどめきめき評価を上げており、将来が楽しみなワイナリーです。