リハビリテーション しとらす citrus

代表挨拶​​​​

『リハビリするデイサービス?面白そう!』​​

​2015年、当時住んでいた北九州の国道沿いにあったリハビリ型デイサービスの看板を見て、そう感じたことが始まりでした。理学療法士として、より多くの人々に貢献できる可能性を感じていました。

​​そして、2019年に地元に戻り、諫早総合病院での勤務となりました。しかしそこで直面したのは、「リハビリが全然足りてない!」という現実でした。リハビリの必要性が残るまま、リハビリの機会が少ない地域へ退院するしかない状況にもどかしさを感じていました。さらに調べてみると、向こう20年は後期高齢者の数は変わらないのに、人口は25%減少するという地域の状況を知り、驚きました。

こんな地元に戻ってきた意味は何だろう。自分にできることは何だろう。
​​​
​​次第に、リハビリテーションの充実した施設を提供したいという想いが強まり、ついには「自分がこの使命を果たさなければならない!」と確信しました。

​理学療法士として12年間。急性期病院でのチーム医療の一員としての職務は、まさに私の天職でした。そんな職場を離れるにはかなり勇気が必要でしたが、何度も考えた結果、思い切って2022年に退職し、リハビリテーションしとらす-citrus-の準備を開始しました。

​多くの方々に支えられながら、初めて経験するいくつもの壁を乗り越え、ついに2023年4月にリハビリテーションしとらす-citrus-をオープンすることができました。本当にありがとうございます。

​​実績ゼロの新規事業に協力してくださるスタッフにも本当に感謝しております。

​私たちは、一生自宅で楽しく生活するためのサポートを提供し、リハビリテーションの重要性を広めていきたいと考えています。居心地のいい快適な空間と専門的なリハビリプログラムを組み合わせ、利用者様一人ひとりの豊かな生活をサポートすることで、地域の皆様に頼られる存在となることを目指します。

​​初心を忘れることなく、チーム一丸となって、地域に貢献していきます。
​どうぞ、よろしくお願い致します。


代表取締役有吉雄司

株式会社WelCrop 代表取締役